日刊大衆TOP 芸能

SMAP解散目前、香取慎吾の今後を左右する「ある女性」

[週刊大衆2016年12月05日号]

SMAP解散目前、香取慎吾の今後を左右する「ある女性」

 ファンが望む紅白歌合戦への出場はほぼ絶望的で、最後に5人が揃うのは、12月26日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)最終回が有力とされる、“国民的アイドルグループ”SMAP。

「『スマスマ』最終回は、フジテレビ・亀山千広社長の“フィナーレを盛り上げることはできないか”という要望で、生放送での特番を組むことも検討されてきました。しかし、11月14日放送回は平均視聴率6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、今年のワーストを更新。相変わらず、メンバー間もピリピリしていて、ハッピーエンドとなるかどうか……」(女性誌記者)

 どうあれ、2016年末をもってSMAPは解散。それ以降のソロ活動へと、注目が集まっている。「中居正広は『ナカイの窓』(日本テレビ系)、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)他、テレビ・ラジオのレギュラーは6本。木村拓哉が1本、草なぎ剛が3本、稲垣吾郎が2本のレギュラーがあり、続行予定。2017年も変わらず忙しそうです」(前同)

 というが、一部報道ではレギュラー番組3本を辞めての“芸能界引退”を望むというメンバーの動静が伝わってきている。ご存じ、香取慎吾だ。「来年9月で、事務所との契約が切れるので、そこで引退できるよう、水面下で交渉しているといいます。アメリカに移住して、好きな絵を描いて過ごしたい、と漏らしていたとも聞こえてきています」(民放局ディレクター)

 一方では「香取の心の支えで、独立騒動の発端とされる、元マネージャーのI女史と組んで、プロデューサー的な裏方仕事をやる」(前出の記者)という話も緊急浮上しているのだ。そんな香取の動向を掴むべく、取材を進めていた本誌は独占情報をキャッチ。なんと、“I女史”以外に、香取が心の頼りにしている女性が現在いるという。

「各方面から信頼されていて、“芸能界の母”と呼ばれる人物です。渋谷の高級会員制のバーを経営する女性ですよ」とは、ベテラン芸能記者。「香取はおそらく、まだ今後のことを決め切れていない状況。その中で、彼女に仕事や私生活など、さまざまな相談を持ちかけているというんです」(前同)

 解散まで、あと40日。彼の決断は、“母”に委ねられている!?

SMAP解散目前、香取慎吾の今後を左右する「ある女性」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.