日刊大衆TOP 芸能

舞羽美海「宝塚が大好きで、4歳くらいから“ヅカオタ”でした(笑)」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2016年12月12日号]

止まらないキスの秘密
http://www.lovecosmetic.net/
「もう何度したのか覚えていない」

舞羽美海「宝塚が大好きで、4歳くらいから“ヅカオタ”でした(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 現在、NHK BSドラマ『プリンセスメゾン』でキュートな演技を見せている舞羽美海さん。華やかでまぶしい笑顔は、さすが元・宝塚! ドラマの撮影秘話から、宝塚入学の裏話まで直撃しました!

――舞羽さんは元タカラジェンヌで、娘役のトップスターだったんですよね!

舞羽 祖母も母も宝塚歌劇団が大好きで、私も4歳ぐらいのときから生の舞台を見ていた“ヅカオタ”でした(笑)。

――それは筋金入りだ(笑)。

舞羽 でも、高校生になるまでは普通の女子高に通っていて、私は宝塚に入る側の人間だとは思ったことがなかったんです。

――何か心境の変化があったんですか?

舞羽 クラシックバレエをやっていて、高校も“表現”を学ぶコースに入ったこともあって、そのときに「そういえば、私、宝塚好きなんだよな」って思って。そこで、宝塚に挑戦してみようと思ったんです。

――ご家族には相談されたんですか?

舞羽 実は、母はずっと受験してほしかったみたいなんですよ。6つ年の離れた姉にも「どうせ絶対、落ちるんだから、親孝行だと思ってやってみなよ」って言われて、火がついたんです(笑)。私のほうは、どうせ受験するなら落ちたくないなって思い、ここで出し切ろうって気持ちで受けたら、幸いにも合格できました!

――舞羽さんがそこまでハマった、宝塚の魅力とは?

舞羽 もうキュンキュン心がときめくところですかね。子どもの頃は週末に舞台を見に行くたびに、すごく夢をもらっていたんですね。それが活力につながって「よし、来週も頑張ろう!」って気持ちになれて。まさに至福のときだったんです。

――宝塚の女だけの世界ってどんな感じなんですか?

舞羽 基本的に、体育会系です。何があっても生きること、ちゃんと前を向くことを学びました。

――中身は意外とタフなんですね。見た目は可憐な“ザ・娘役”なのに!

舞羽 実は、“娘役のほうが強い”ってよく言われるんです。一般的にも、“精神的には女性のほうが強い”って言われるじゃないですか。

――確かに。

舞羽 昔ながらの男女が美しいとされる世界なので、もちろん表舞台では、男役から三歩下がって……という感じです。その裏で、男役をサポートできるように気を配っています。

次ページ >> 元タカラジェンヌでも、素顔は地味?

舞羽美海「宝塚が大好きで、4歳くらいから“ヅカオタ”でした(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.