日刊大衆TOP 芸能

麻倉未稀「“70歳まで『ヒーロー』を歌い続けろ”って言われてます(笑)」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2016年12月19日号]

止まらないキスの秘密
http://www.lovecosmetic.net/
「もう何度したのか覚えていない」

麻倉未稀「“70歳まで『ヒーロー』を歌い続けろ”って言われてます(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 84年に青春ドラマの金字塔『スクール・ウォーズ』の主題歌『ヒーロー』で大ヒットを飛ばし、人々を圧倒的な歌唱力で魅了した麻倉未稀さん。今年、デビュー35周年を迎えた美人シンガーに、名曲の意外な真実から、写真集の撮影秘話、知られざるプライベートまで語っていただいた!

――今年でデビュー35周年になるんですね。おめでとうございます!

麻倉 ありがとうございます。アッという間でした。

――35周年を記念して、5年ぶりにアルバム『Voice of Power』をリリースされました。麻倉さんの代名詞とも言える『ヒーロー』も収録されています。

麻倉 この曲は、アメリカ映画『フットルース』の挿入歌のカバーなんですが、実はカバーするのって、得意じゃなかったんですね。

――そうなんですか?

麻倉 特に、外国の曲に日本語の詞を乗せるのは、アクセントの違いがあるので難しいんですよ。でも、ヒーローは、なんの手直しをしていただくこともなく、スムーズに歌えました。

――この曲は、現在も根強い人気を誇る学園ドラマ『スクール・ウォーズ』の主題歌ですよね。

麻倉 そうですね。でも実は、主題歌に決まる前から私のアルバムに入る予定だったんです。そのレコーディングの途中、主題歌に決まったことを聞かされて、ディレクターから“もう1回録り直したい”って言われて。私も、もう少し歌い込んで自分らしい感じにしたいって思っていたので、ラッキーでした(笑)。

――このヒーローですが、歌詞が原曲と一部、違うんですよね。オリジナルでは「I need a hero」ですが、倉さんが歌ったのは「You need a hero」。

麻倉 最初、まったく気づかなかったんですよ。オリジナルを何度も聴いているのに。たぶん、私の中ではIもYouも同じで一括りにしちゃったところがあったんだと思います(笑)。

――そうなんですか~。では、記念アルバムの内容について教えてください。

麻倉 ヒーローの今風ダンス・ミュージック・バージョンの他に、70~80年代に流行した『君の瞳に恋してる』『ダンシング・クイーン』他4曲のディスコ・クラシックも入っています。古さを感じさせない名曲ばかりなんで、皆さんに懐かしんでもらおうと思い、選んだんです。でも、当時は私自身、忙しすぎてディスコに行っている時間はなかったんですけどね(笑)。

――失礼ですが、ディスコ好きのイメージもあります(笑)。新曲は3曲ですね。

麻倉 『人生は美しい』は、人生の応援ソングです。これまで私の歌で“励まされた”といった言葉をいただくことがありまして。だから、もっと宇宙的な世界観で勇気づけられないかなって考えていたら、売野雅勇先生がピッタリの詞を書いてくださったんです。

次ページ >> 素肌の上にジャケットだけで…

麻倉未稀「“70歳まで『ヒーロー』を歌い続けろ”って言われてます(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


  • 「もう何度したのか覚えていない」彼を豹…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.