日刊大衆TOP 芸能

山岸舞彩「絶頂あえぎCM」出演で「濡れ場女優転身」を決意か!?

[週刊大衆12月30日号]

「いや~、ついにエロ路線の本格解禁ですね!」と芸能記者が興奮して語るのは、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターを務める山岸舞彩(26)のこと。

放送中のパナソニックの低周波治療器『おうちリフレ』の新CMで、まさかの喘ぎ声を披露しているのだ。
「ホットパンツ姿の山岸が、ソファに寝転んだ格好で腰にパッドを貼ってくつろいでいるんですが、"ああ~ん""うう~ん"と艶声をあげるんです。しかも、アップで映される表情は、まるであのときの女性そのもの。眉間に皺が寄る様は、抑えきれない快感を我慢しているみたいで、最後に"はぁ……"と呟いて果てるんですよ!」(前出・芸能記者)

だが、このCMに対して『ZERO~』の日テレスタッフは戦々恐々だという。
「あんな姿を見せたら、キャスターとしての知的で清楚な印象が壊れかねません。日テレとしては自慢のミニスカ美脚を封印してまで山岸のイメージを作ってきたわけですから内心、複雑でしょう」(テレビ局関係者)

山岸と日テレのすれ違いは、今回だけではない。
「夏頃、『ZERO~』のメイン司会を務める村尾信尚キャスターから、こっぴどく叱られているんです。スタッフの反省会で"お前は何もわかってない"と怒鳴られ、山岸は号泣。その後、スタッフのセクハラ問題も相まって、山岸自身もすっかりヤル気をなくした状態みたいですよ」(前同)

そのせいか、番組の視聴率も7~8%と低空飛行。
こうした事情も重なり、「日テレ側は契約更改で再契約をせず、来年3月で山岸を降板させる予定だと聞きます。NHKから鳴り物入りで引き抜いたのに、これでは意味がないという判断でしょう」(同)

だが、当の山岸は落ち込むどころか、むしろ晴れ晴れとしているという。
「山岸自身はキャスターの仕事に、そこまで思い入れがあるわけではない。最近は、バラエティー番組なんかにもバンバン出ていますし、今回のお色気CM出演は、今後、タレントや女優業に進出する布石でしょう」(夕刊紙記者)

となると、来年は自慢の美脚も全開か!?
「美脚どころか"美ボディ"解禁も近いと思いますよ。セクハラ事件で垣間見えましたが、彼女は度胸がありますからね」(前同)

毎晩のニュースで見られないのは寂しいけど、キャスター降板が待ち遠しい!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.