日刊大衆TOP 芸能

由伸ジャイアンツ、超大型補強でも「来季優勝できない」理由

[週刊大衆2016年12月26日号]

キスしたくなる唇
http://www.lovecosmetic.net/
「今夜は帰りたくない!」男性から誘わせるための決め手とは

由伸ジャイアンツ、超大型補強でも「来季優勝できない」理由

 まるでシロアリが巣食う家のように、盤石に見えても中はボロボロ。球界の盟主と呼ばれたチームは崩壊寸前だ!

 実に総額24億円超――。巨人が今オフの補強に費やした金額は、天文学的と言っていいだろう。FAで山口俊、森福允彦の両投手を獲得。さらに陽岱鋼外野手も入団に合意した。「トレードで先発ローテ候補の吉川光夫投手を手に入れ、元楽天で今年はメジャーリーグのデトロイト・タイガースに所属していたケーシー・マギー内野手を阪神との熾烈な争奪戦に勝利して獲得。総取りと言っていい内容で、ストーブリーグの覇者となりました」(スポーツ紙記者)

 来季の王座奪還に向け、順調な一歩を踏み出したかに見える由伸巨人だが、そこには危険すぎる落とし穴が潜んでいた。まずは、2013年に打率.292、28本塁打、93打点で楽天の球団史上初の日本一に貢献したマギーの獲得が、チームの崩壊を招くという。長嶋巨人の参謀として94年に日本一を達成した須藤豊氏は語る。

「ギャレットもクルーズもいてマギーを取る。村田と阿部はどうすんの、ってことですよ。怪我に備え、2チーム分の戦力を保持することは必要だけど、今のやり方では若い選手が育たないし、機動力のある野球もできない」

 マギーが守れるのは一塁と三塁。そこには阿部慎之助と村田修一が控えているのだ。「巨人の穴は、二塁のクルーズとレフトのギャレット。そこを埋めずにマギーとは……チグハグすぎる補強と言わざるをえません」(専門誌記者)

 巨人V9黄金時代を経験した黒江透修氏も、同様にNOを突きつける。「マギーはいらんでしょ。この前のOB会で広岡達朗さんが“勝とうと思って外国人を獲っても何にもならない。彼らは結局、自分のことしか考えないから”と言ってましたが、俺も同意見だね」

 外国人選手の加入は、若手選手の出番を奪うことにもなる。「外国人は基本的に投手2、野手1の3人で十分。巨人のやり方は若手を腐らせるだけ」(前出の須藤氏)

 その数少ない若手としてレギュラーの座をつかんだかに見える27歳の小林誠司捕手も、巨人軍にとって大きな不安要素になりかねないという。来季こそ阿部は一塁に専念し、小林が先発マスクをかぶることが予定されているが、その若き司令塔に前出の黒江氏は激辛エールを送る。

「小林は全然伸びてない。よほど徹底的に鍛えないと、あのままじゃダメ。リードにもキャッチングにも大いに問題がある。俺は長嶋巨人の2年目、山倉あたりにワンバウンドを体の前で止める練習を徹底的にやらせた。今年の巨人は、大事なところでバッテリーミスが出て負けるケースが多かったように思う。来季は吉川や山口や森福といった新しい投手も加わるから、小林は特徴を早くつかんでおかないと、今年以上にバッテリーミスが増えるよ」

次ページ >> キャッチャーやピッチャー陣に課題

由伸ジャイアンツ、超大型補強でも「来季優勝できない」理由

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 「今夜は帰りたくない!」女子必見、男性から誘わせるための決め手とは

大衆のオススメ


  • 「今夜は帰りたくない!」女子必見、男性…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.