日刊大衆TOP 芸能

ビートたけし&松本人志、2016年「神コメント」を振り返る!

[週刊大衆2017年01月09・16日号]

ビートたけし&松本人志、2016年「神コメント」を振り返る!

 一刀両断、痛快無比――。ネットで“炎上”しようともお構いなし。これが正しい“ニッポンの暴論”である!!

 年頭から12月まで、事件やスキャンダルに事欠かなかった2016年。ワイドショーやネットニュースは連日、大騒ぎとなったが、そんな中、いつも注目されていたのが、ビートたけし、松本人志の、2人の“天才”の的を射たコメントだった。

「たけしは『情報7daysニュースキャスター』(TBS系)や『TVタックル』(テレビ朝日系)、松本は『ワイドナショー』(フジテレビ系)などで時事問題を扱い、毒と笑い成分を絶妙にまぶしつつ、意外な視点から物事の本質に迫り、世間が抱くモヤモヤをスカッとさせてくれますからね。スキャンダルの顛末と同時に、2人が、どうコメントするかというのも、視聴者の楽しみの一つとなりました」(芸能ジャーナリストの渡邊孝浩氏)

 ということで、2人の“毒舌金言”とともに、16年を振り返ってみるとしよう。まず1月、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との“ゲス不倫”で大炎上し、休業を発表。批判の声がなかなか止まないベッキーについて、たけしはこう語っていた。「嵐はいつか収まるから、芸人だったら、毎日ニュースになるのは自分が売れている証拠だと思って、どんな話でもエンターテイナーとして一般の人を楽しませなきゃ」

 実は、松本も「エンターテイメントにしないと」と、同じことを言っている。「謝罪よりも、“プロの覚悟”が足りないと、2人の目には映っていたのでしょう。やらかしてしまったのならそれを芸の肥やしにしろというのが、両者の流儀なんです」(芸能プロ関係者)

 たけしがすごいのは不祥事を起こしてしまったタレントに対しての愛情も持ち合わせている点。著書では、<一度『笑い』にして晒し者になったほうが楽なんじゃないか。それが『禊ぎ』になるんだよ。そのまま知らんぷりしていたら、そいつは昔のスキャンダルでずっと悩まなきゃいけなくなる>(『ヒンシュクの達人』)と語っている。

次ページ >> 清原和博や舛添要一前都知事も…

ビートたけし&松本人志、2016年「神コメント」を振り返る!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.