日刊大衆TOP 芸能

巨人&阪神の大物OB2人が喝!「優勝できなかった理由はコレだ!」

[週刊大衆2017年01月09・16日号]

巨人&阪神の大物OB2人が喝!「優勝できなかった理由はコレだ!」

 16年のプロ野球は広島がセ界を制し、日本ハムが日本一の座を勝ち取った。意気上がる両チームとは対照的に、最近とみに影が薄くなって来たのが、老舗人気球団の巨人と阪神。それぞれのチームの現状を憂う大物OB2人が愛する古巣に、喝!

■巨人OB・篠塚和典「巨人の若手が育たないのは二軍のシステムに問題あり!」

――16年の巨人は2位という結果に終わりました。

「まったく評価できない。2位と言っても、首位の広島に17.5ゲームも離されたということは、やっぱり戦力が整ってなかったということだと思う」

――勝てなかった最大の理由は、なんでしょうか。

「やはり、投手陣でしょうね。内海哲也が出遅れたし、エースの菅野智之があれだけ頑張っても10勝に届かなかった。普通なら、15勝してないとおかしい。抑えの澤村拓一にしても、セーブ王のタイトルは取ったけど、肝心なところのミスが響いて、首脳陣に信頼されていないのが現状ですよ」

――投手陣だけでなく、捕手に対する批判の声も上がっています。

「小林誠司はまだまだ。彼は実力というより、他にいないからマスクを被っているだけ。マイコラスが彼の捕球に文句をつけていたけど、あんな風に思っているのは彼だけじゃない。もっと基本や、試合のため意味のある練習をしないとダメ。阿部慎之助も最初はうまくなかったけど、打撃がいいから長嶋、原監督が使い続け捕手としても成長した。小林は肩の強さは評価できるが、バッティングも2割7、8分は打たないと」

――その阿部慎之助は、どうでしょう。

「16年の阿部はよく頑張ったと思う。村田もそうだけど、ベテラン勢はよくやっているよ。今度はマギーが入ってくるから、阿部、村田修一を、どう使っていくのかが大きな課題だね」

――17年に期待できそうな選手はいますか。

「期待というより、頑張ってもらわないといけないのは長野久義だね。坂本勇人は大丈夫だけど、長野がもう少し頑張らないと、巨人は浮上できないだろうね」

――伸びそうな若手は?

「一人もいない。重信慎之助にしても橋本到にしても、それぞれチャンスはもらっているんだけど、そのチャンスを生かしきれないまま、また二軍に落ちてしまう」

――巨人は若手が育たないとよくいわれますが、どこに問題があるんでしょうか。

次ページ >> 巨人・高橋由伸は監督に決まるときのいきさつが特殊だった

巨人&阪神の大物OB2人が喝!「優勝できなかった理由はコレだ!」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.