日刊大衆TOP 芸能

読者2000人が選んだ発表!SEXしたい女優BEST 20 vol.01

[週刊大衆12月30日号]

本誌恒例の、「俺がいま、SEXしたい女優」読者アンケート企画。
さっそく本誌の愛読者2000人が本気で選んだベスト20を発表しよう(ランキング表はvol.02にあります)。

まずはベストテン。
今回は上位3人が4位以下を大きく引き離す展開になったが、混戦を制して戴冠したのは米倉涼子だった。
「やっぱ女医コスプレで、お願いしたい。最近、お疲れ気味の愚息をオペしてほしい」(48=会社員)
「あの美脚で足コキされるのが夢」(52=公務員)
「米倉涼子と、お医者さんごっこがしたいです。ぶっとい注射をするのはオレだけど(笑)」(36=商社勤務)
女医を意識した願望が多かったのは、明らかに米倉主演の『ドクターX外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)の影響だろう。

TV美女研究家の八木晶王氏は、こう分析する。
「女医というのは、男にとって特別な存在ですからね。ナースとはまた違った白衣のエロスがあるんですよ。その女医を姐御肌の米倉が颯爽と演じる『ドクターX』は、まさに彼女のハマリ役。米倉の1位は当然と言えるでしょうね」

わずか7票差で大魚を逸した2位・長澤まさみの人気も高値安定だ。
"隠れ巨乳"の"隠れ"が取れて、天下御免のデカパイ娘となった彼女には、「彼女のおっぱい、飲んでみたい」(33=ガソリンスタンド勤務) 
「あの長~い脚を抱えて立ちバックしたいね……でも、届かなかったりして」(41=運送会社勤務)

ミュージシャンでタレントの掟ポルシェ氏は、こう話す。
「以前、彼女にお目にかかったことがありますが、非常に感じのいい人でした。もう土下座してお願いしたら、私のような者にもエッチさせてくれるんじゃないか。つい、そんな勘違いをしてしまうほど人当たりがいいんですよ。そんな彼女独特のユルさが、お父サン世代にもやっと浸透したんじゃないですか」

昨年、大ブレークした壇蜜は今年も映画、ドラマ、CMと幅広い分野で活躍し、堂々3位に入った。
「見るからにねちっこいセックスをしそうな壇蜜に、アレがふやけるまでフェ○させたい」(54=団体職員)
「耳元でハァハァされたら、それだけでイッちゃうかも」(29=アルバイト)

壇蜜の"黒髪のエロス"に夢中という男性多数。
エッセイストの下関マグロ氏も、こう絶賛する。
「彼女はどんどんエロくなってますね。西友のCMで"浮気しちゃ、イヤ!"とか言ってますけど、私は、あのCMを見ただけでヌケますからね(笑)」

4位は深田恭子。
今年の彼女は、映画『ルームメイト』で北川景子と共演して話題になったが、「一人だけ選ぶなら、やっぱり深キョン!」(40=ホテルマン)など、根強い支持があるのが特長だ。

なかには、「あれだけ男を食いまくってきたのに、汚いイメージにならないのは、さすが。どさくさまぎれにオレのことも食ってくれないかな~」(38=製薬会社勤務)なんて声もあった。

「SEXしたい女優」でV3を果たしたこともある綾瀬はるかは、今回は5位。
NHK大河ドラマ『八重の桜』の視聴率が伸びなかったことが、5位転落の一因かもしれない。
それでも、「スレンダーなのにおっぱいは凄い、プロポーション抜群の綾瀬はるかに一票。オールナイトで攻めまくります」(45=郵便局員)など、"綾瀬命"の熱心なファンが多かった。

前出・八木氏がイチオシするのも彼女だという。
「大河の視聴率が低迷してガックリきている綾瀬は、いま狙い目かもしれません。"君が悪いんじゃない。毎週『八重の桜』を見てたけど、素晴らしかったよ"といって口説けば、ホロリとして思わず体を開いてくれるかも(笑)」

6位の石原さとみも、いまやベストテンの常連だ。
「あの、ぽってりした唇がたまらんね。彼女が出演している焼酎のCMみたいに、"間接キス、してみ"とか言われてみたいです」(53=建設会社勤務)

ベストテンの中で唯一の人妻・吉瀬美智子は7位。
この夏、長女を出産してママになった彼女には、「顔も体も、どストライクゾーンです。ローション塗りたくって極上のマットプレイを希望」(62=無職)

8位の吉高由里子は意外にオヤジ好きするようで、「一緒に飲んだら楽しそうだよね。下ネタも得意だっていうし、この際、とっておきのワイ談を披露しちゃおうか」(47=会社員)
「気まぐれな小悪魔・吉高由里子に振り回されたい」(39=旅行代理店勤務)

来年春にはNHKの朝ドラ『花子とアン』に主演する彼女だが、キャラが立ってる彼女には、お父サンたちも興味津々のようだ。

9位の北川景子には、「美人なのに、お高く止まってないところがいいね。居酒屋でイッキ飲みして彼女をツブし、お持ち帰りしたいです」(48=理容師)
美女なのに気さく、と評価する声が多かった。
「北川景子は以前、とんねるずの"食わず嫌い王決定戦"で口いっぱいにご飯を詰め込み、食べ方が下品、汚いと言われました。あの豪快な食べっぷりから類推して、彼女は男のペニスと睾丸を、いっぺんに口に含む荒技を得意としているのではないか。そんな気がします」(前出・掟氏)

10位の松下奈緒は『クリアアサヒリッチ』のCMのセリフ、「ね、リッチしよ」が「エッチしよ」に聞こえると評判になった。
「ピアニストでもある彼女のフィンガーテクを堪能したい」(58=食品会社勤務)さもありなん、である。

ベスト11~20も多彩な顔ぶれが揃ったが、そのうち井川遥、真木よう子、菅野美穂、永作博美、飯島直子の5人は既婚者だ。
「独身時代もエロかったけど、人妻フェロモンむんむんの井川遥に間男してみたいねェ」(50=農業)

真木よう子には、「ダンナの目を盗んで逢引き。G乳を揉みまくり、乳首がふやけるまでねぶり抜く」(46=中古車販売)

前出・下関氏も、「デカパイでくびれがあって、人妻で出産経験アリ。すべての面で私好みです」と真木を絶賛する。

一方、掟氏は、「何を隠そう、私はアイドルグループ・ribbonの頃から永作博美の大ファンなんですよ。私の頭の中では、彼女はいまだにイチゴ模様の白いパンティを穿いた少女のままなんです」と思い入れたっぷりに永作博美をイチオシする。

大島優子はAKB48から唯一、ベスト20入り。
「裸のゆうこと『恋するフォーチュンクッキー』のダンスを習って一緒に踊りたい」(32=量販店勤務)

根強い人気の美熟女、藤原紀香、鈴木京香に交じり、『あまちゃん』で小泉今日子の娘時代を演じた有村架純も初登場。
今秋発売の写真集で、推定Cカップの美乳水着ショットも披露した彼女に対して、八木氏は、「80年代アイドルの雰囲気を持った有村は、早くも出演CMが11本。これから先も、まだまだ伸びますよ」

この際、美熟女も新人もみんなまとめて今晩、面倒見ちゃいましょうか!

12月24日公開のvol.02に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.