日刊大衆TOP PICK UP

今、あの大物歌手が名曲『なごり雪』に注目している理由とは!?

キスしたくなる唇
http://www.lovecosmetic.net/
「今夜は帰りたくない!」男性から誘わせるための決め手とは

今、あの大物歌手が名曲『なごり雪』に注目している理由とは!?

「僕は女性アーティストのカバーをしたつもり。女性の歌をカバーしたのはこの曲が初めて。1回、まじめに歌ってみたかった曲で(歌ってみた感想は)意外にも歌いやすかった」

 この声の主は福山雅治。2月4日に放送された彼のレギュラー番組『福山雅治 福のラジオ』(TOKYO FM)で、以前にイルカの大ヒット曲『なごり雪』をカバーした理由と心境を明かしたのだ。福山が「なごり雪」をカバーしたのは09年、当時パーソナリティを務めていた『オールナイトニッポン』の企画「魂のリクエスト」でのこと。今から約8年も前の話でCD化もされていないのだが、なぜ今、この話をしたのか――。

 実は1月26日、コミュニティ放送のかわさきFMで『なごり雪』に関する情報が発信され、番組を聴取していたリスナー内で大盛り上がりとなったのだ。

「『明朗・K子の昭和・平成歌声! ライブ・ラリー』(かわさきFM)内でナビゲーターの金子明朗がMCの水月ゆうこに、“ゆうこちゃんは、『なごり雪』って歌を知ってる?”と質問したんです。すると26歳の水月は“高校のとき、音楽の先生が南こうせつさんと関係があり、授業で歌った印象があります。『なごり雪』といえば南こうせつさんという印象がありますね”とあっけらかんと返答。これに50ン歳のパーソナリティ三谷啓子が“『なごり雪』はイルカでしょう”と大反論し、審判役の金子がリスナーに“あなたの『なごり雪』はどっち?”と問いかけたのが“事件”の発端です」(番組関係者)

 コミュニティFMとはいえ、インターネットサービスのサイマルラジオを使えば今や、全世界で視聴可能。『明朗・K子』のリスナーも全国にいるようでLINEやメールでのリクエストはキー局の川崎周辺よりも東北、関西エリアが多い。とはいえ、それだけの理由で“世界のフクヤマ”が関心を示すハズはない。なんと、『明朗・K子~』にゲスト出演している演歌歌手が、彼の熱狂的なファンで毎回、ラジオにメッセージを送っている“実力者”だったのだ。

「その演歌歌手が福山のラジオに質問を送り続けた結果が、今回の(福山の)発言につながったのでしょうね」(前出・番組関係者)

 そもそも『なごり雪』は70年代に活躍したフォークグループ、かぐや姫のオリジナル曲。74年にアルバム『三階建の詩』で発表した代表曲の一つだ。

『明朗・K子~』のナビゲーターで懐メロ系番組やイベントの人気司会者、金子明朗が解説する。

「かぐや姫はギターの伊勢正三が曲を作り、南こうせつがボーカルを務めた。つまり、(水月)ゆうこちゃんが言っていることは間違っていない。イルカのデビューは70年。シュリークスで活躍していましたが、74年に脱退し、その年に『あの頃のぼくは』でソロデビューしますが、鳴かず飛ばず。そこで彼女のプロデューサーで後に夫となる故神戸和夫さんが“この歌で売れなかったら歌手を諦めよう”と最後の望みを懸けた歌が『なごり雪』。神戸さんが伊勢のところにカバーの許可を取りに行ったところ、伊勢は満面の笑みで快諾したそうです」

 75年、この歌の大ヒットでイルカはブレーク。当時のニューミュージックブームにも乗り、一躍、国民的歌手となった。その印象が強く、40~50代の印象は「なごり雪=イルカ」で定着したようだ。立春が過ぎたとはいえ冬はこれからが本番、『なごり雪』はまだまだ先。今の時期は「なぐり雪(豪雪)」のなので、スナックやカラオケなどで『なごり雪』を満喫したい。ちなみにアナタはイルカ派? それともこうせつ派?

今、あの大物歌手が名曲『なごり雪』に注目している理由とは!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 「今夜は帰りたくない!」女子必見、男性から誘わせるための決め手とは

大衆のオススメ


  • 「今夜は帰りたくない!」女子必見、男性…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.