日刊大衆TOP 芸能

WBC優勝の条件は「転ばぬ先の杖」【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

[週刊大衆2017年02月27日号]

キスしたくなる唇
http://www.lovecosmetic.net/
「今夜は帰りたくない!」男性から誘わせるための決め手とは

バナー

 国際大会はひとつのミスが致命傷となる。重要なのは“転ばぬ先の杖”である。第4回WBC開幕まで、あと3週間と迫った今、前回の轍を踏まないためにも入念な準備が求められる。

 3連覇を目指した前回、日本は準決勝でプエルトリコに敗れた。大きな敗因にあげられたのが、3点を追う8回裏の拙攻だ。おさらいしておこう。1死から井端弘和(現巨人コーチ)のタイムリーで1対3。内川聖一(福岡ソフトバンク)もヒットで続き一、二塁。打席には4番・阿部慎之助(巨人)。同点から逆転へと期待が膨らんだ。

 ここで日本は仕掛けた。カウント0-1からの2球目、一塁走者の内川が猛然とスタートを切った。だが、二塁ベース付近には井端がいた。スタートを切りかけてやめたのだ。行き場を失った内川は、あえなくタッチアウト。反撃の気運は一気にしぼんでしまった。悪いのは井端か内川か。喧喧諤諤の議論が起きた。

 内川のミスを指摘したのは西武監督時代の02年、当時新人監督最多の90勝で優勝を果たした伊原春樹。名サードベースコーチとしても知られる。「仮にダブルスチールのサインが出ていたとしても、一塁ランナーは二塁ランナーの動きをじっと見ておかなくてはならない。コーチも“絶対に飛び出すなよ”と念を押しておくべきでした」

 一方、このときの一塁ベースコーチ緒方耕一は内川に同情的だった。「内川は責められません。もし僕がランナーでも全力で二塁に行っていたと思います」

 聞けば、ダブルスチールの練習は合宿でもほとんどやっていなかったという。いわば、ぶっつけ本番だったのだ。戦犯の一人とされた井端は「もし重盗をさせるのなら、足の速くない僕を代えておくべきだった」とも語った。

 指揮官は常に最悪の状況を覚悟しておかなければならない。その中で、いかにして最善のカードを切るか。小久保裕紀監督には腹の据わった采配が求められる。

二宮 清純 (にのみや せいじゅん)
スポーツジャーナリスト。(株)スポーツコミュニケーションズ代表取締役。1960年、愛媛県生まれ。スポーツ紙や流通紙の記者を経てフリーのスポーツジャーナリストとして独立。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開中。「スポーツ名勝負物語」「勝者の思考法」「プロ野球“衝撃の昭和史”」「最強の広島カープ論」「広島カープ 最強のベストナイン」など著書多数。スポーツ情報サイト「SPORTS COMMUNICATIONS」:http://www.ninomiyasports.com/

WBC優勝の条件は「転ばぬ先の杖」【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.