日刊大衆TOP 芸能

村上正邦(元参議院議員)「政治家に必要なのは、覚悟と老婆心」参院のドンと呼ばれた人間力

[週刊大衆2017年02月20日号]

止まらないキスの秘密
http://www.lovecosmetic.net/
「もう何度したのか覚えていない」

村上正邦(元参議院議員)「政治家に必要なのは、覚悟と老婆心」参院のドンと呼ばれた人間力

 今の政治家はみんな、稼業だと思っているから、ダメなんですよ。政治家であることが目的になってしまっている。稼業として、親父から譲られた議席を守っていかないといけないとかね。そういう意味では、本当の政治家とは言えませんよ。

 今の総理だって、なんで、プーチンを長門まで呼ぶの。それは、日本のためじゃなくて、安倍家、ひいては自分の親父のためでしょう。そんなお涙頂戴で、政治ができるんだったら、そんな楽なことはない。

 政治家に必要なのは、覚悟と老婆心。その両方を持っていたのが、田中角栄さんですよ。角栄さんには、理念があった。私が最初に自民党から立候補したのは、1955年。角栄さんから“君は1万5000票足りないから、君の選挙カーに乗るよ”と言われていたんだけど、俺は福田派だったの。だから、断ったんです。

 そしたら、“君は田中派だとか、福田派だとか気にするかもしれないが、おれはそんなケチなことは考えない。日本国にお前のような人物が必要だから、当選させたいんだ”と怒られましたよ。で、角栄さんの応援を断った結果は落選。その晩、家に帰ったら、家内が“田中さんから電話があった”と。どこの田中だろうと思ったら、角栄さんだった。“あなたの旦那におれのところに来いと言ったって来やしないから、困ったことがあったら、奥さんが来なさい”と。つまり、落選したらお金に困るから、いつでも来なさいってこと。福田さんから、そういう電話がかかってくるなら、いざ知らず、角栄さんからですよ。

 老婆心とは、このことだなと。ロッキード事件の最中にも、田中邸に元号法制化の件で陳情に行くと、私の支持母体・生長の家の創始者である谷口雅春先生の『生命の実相』を40巻全部並べてくれているんですよ。“読んでくれましたか?”と聞くと、“いや、読みはしない、表紙だけ並べた”って。正直なんだよ。

 ただ、元号法制化の話をすると、すぐに“今の担当大臣は誰だ?”と聞かれ、“稲村佐近四郎です”と答えると、“稲村君には、僕が言っておく”と。それで、田中派が動いて元号が法制化されたの。平成という元号が今も残っているのは、角栄さんのおかげなんですよ。

 今でも忘れませんよ。自分が囚われの身でありながら、国家の行く末を考えておられたんですから。

次ページ >> 政治家とは、どうあるべきか

村上正邦(元参議院議員)「政治家に必要なのは、覚悟と老婆心」参院のドンと呼ばれた人間力

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


  • 「もう何度したのか覚えていない」彼を豹…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.