日刊大衆TOP 女性向け

「今夜は帰りたくない!」女子必見、男性から誘わせるための決め手とは

[ブリュレ]

止まらないキスの秘密
http://www.lovecosmetic.net/
「もう何度したのか覚えていない」

「今夜は帰りたくない!」女子必見、男性から誘わせるための決め手とは

 大好きな彼とのデートで「今夜こそは一線を越えたい」、そんなとき、あなたならどうしますか。「まだ帰りたくない」「朝まで一緒にいたい」と思うのは、なにも男性だけではありません。大好きな彼との素敵な夜を夢見て、あの手この手を使ってアピールしている女性も多いはず。

 たとえば「タイトな服で体のラインを見せる」「ミニ丈のスカートで脚を組み替えてみる」など、“胸”や“脚”などのパーツで女らしさを強調する人も多いのではないでしょうか。

 でも、こんなアピールは、男性からすると「ちょっとやりすぎ」と感じてしまうかも。こうしたあからさまな方法には、意外と男性はのってきてくれないのです。特に最近は、恋に対して奥手な男性も多いので「露出が多いのは、軽い女性なのかも」「誰にでもそんな誘い方をするのかな」と、かえって警戒されてしまったり、遊び相手と認定されてしまうかもしれません。

 それでは、奥手な彼に「帰したくない」と、思わず言わせるには、どんなアピールをすればいいのでしょうか。そのポイントは“胸”や“脚”などではなく、他のパーツにありました。

 それはズバリ“”。イギリスの著名な動物学者であるデズモンド・モリス博士は、男性が女性の魅力を感じる重要なパーツは唇であると提唱しています。確かに会話や食事などしているとき、唇は顔のパーツの中で最も目をひき、セクシーだと感じる部位です。

 たとえば、飲み物を同じカップで飲む、いわゆる“間接キス”。女性は「これはキスとは別物」と考えますが、女友達が飲んでいたカップに間接キスして、相手の女性を急に意識してしまう男性は多いそうです。男性と女性とでは、異性の唇に対しての考え方が違うからです。

 つまり、唇こそが、男性に女性として意識させるための最大のアピールポイントだったのです。唇を魅力的に見せて相手にキスを意識させることができれば、彼から「今夜は帰したくない」なんて言われてしまうかもしれません。

■男性の本能に火をつける唇って

 それでは、男性がキスしたくなる唇とは具体的にどのようなものなのでしょうか。セクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が、男性に行ったアンケートには、次のような回答が寄せられています。

「飲み物を飲んだ後などの、ちょっと濡れたような唇に女性の色香を感じます。そんな唇だと、思わず奪いたくなります」(りょうさん/31歳)

「しっとりした質感のナチュラルな唇は、ついキスしたくなります」(TAKAさん/23歳)

「ふっくら肉感的で、潤んだようなつややかな唇は、誘っているのかなと思ってしまいます」(ゆーすけさん/29歳)

 あくまでナチュラルでありながら、“うるうる感”や“濡れ感”などのみずみずしさが重要なようです。しかし、アンケートでは、グロスや口紅をベタベタと塗った唇は苦手との結果も出ています。デートだとついメイクに気合いが入りがちですが、口紅やグロスのついた唇にキスするのをためらう男性は、想像以上に多いようです。

 淡白な彼だと、キスが決め手にならない場合もあります。「キスはしてくれるけど、なかなか次に進まない」「いつも軽いキス止まりで、デートが終わり、そのまま帰されてしまう」、なんてことも。

 彼が煮え切らないのは、あなたが唇本来の魅力を発揮できていないからかもしれません。もちろんカサカサと乾燥しているのは論外ですが、ただ潤っているだけの唇でもダメなのです。

 LCラブコスメによれば、98%の男性が「気持ちのいいキスをすると、その先も求めたくなる」と回答しています。要するに“キスの次”へステップアップするには、「もっとしたい」と思うような気持ちのいい唇でのキスが必要不可欠。そんなキスができれば、理性ではもう止められず、男性は「絶対に帰したくない」と、本能であなたを求めてくるというわけです。

■熱烈なキスの後、部屋に誘われて

 実際にキスだけでは終わらず、彼からお持ち帰りされてしまった経験を持つ女性たちの告白を紹介しましょう。

●我慢できない唇だと言われ(もえさん/21歳/大学生)
 今の彼は同じ大学の先輩です。もともとアクティブな彼なのですが、最近は就活などで、さらに忙しく、デートもなかなかできていませんでした。この前、2週間ぶりにデートの約束をしたのですが、ずっと寂しかったぶん、会ったらいっぱい甘えようと思っていました。デート当日、彼が何度も私の唇を見つめてくるのに気がつきました。「キスしていい?」……突然言われてドキドキしている私に何度もキスしてくる彼。そして、そのまま彼の部屋に行くことに。後で聞いたら「柔らかなそうな唇を見ていたら、我慢できなくなった」と言われました。

●情熱的に何度もキスされて(みさきさん/25歳/会社員)
 つきあって間もない彼氏がいます。お互い社会人同士なので毎日は会えませんが、仕事が早く終わったら一緒に食事に行ったり、週末も時間を合わせていろいろなところに出かけたりしています。二人とものんびりした性格で、これまでは、あまりムードのある雰囲気になりませんでした。先日彼の部屋で一緒にご飯を作ったり、映画のDVDを見たりして過ごしていると、彼がテレビ画面ではなくて、私の顔を覗き込んでくるのです。「なあに?」と聞くと「なんか今日、いつもより色っぽく見える……」と言ってキスされました。いつもは軽いキスが多いのですが、この日は何度も何度も情熱的なキスをしてきて二人とも盛り上がって……。もちろんその日は彼の部屋にお泊り。素敵な夜が過ごせました。

 彼女たちのドラマティックな思い出のきっかけも、やはり“唇”でした。男性が思わず奪いたくなる唇、そして気持ちよくて止まらなくなる唇、それにはある秘策があったのです。

■「帰したくない!」彼に火をつける唇のヒミツ

 唇の魅力で男性をトリコにした彼女たちが使っていたのは、キス専用美容液「ヌレヌレ」。発売から12年間で、シリーズ累計149万本の販売総数を突破したロングセラーの「ヌレヌレ」は、“止まらないキス”“止められない本能”をテーマに、男性が、“キスに本気で感じてしまう気持ちいい唇”をあらゆる角度から研究し、生まれました。

 フェロモンを意識した香り成分(オスモフェリン)が配合されており、誘う唇を演出。さらに“濡れ感”や“唇を重ねたときの弾力”で、男性が何度でもキスしたくなる、キスだけでは終わらせない唇を作ります。

02

 クランベリー&ラズベリーの香りで一番人気の「ラブリーキッス」の他、「マスカットキッス」「スウィートキッス」「ゴージャスキッス」「フレッシュキッス」の5つの香りがあります。この香りも「ヌレヌレ」のこだわりの一つ。シーンや相手に合わせて、好きな香りの唇になれます。

 ふと漂う香りを嗅いで、キュンとくるような思い出がよみがえったことはありませんか。これは「プルースト現象」といって、特定の香りがそれにまつわる記憶を誘発する現象のことです。香りは記憶を呼び覚ますだけでなく、そのときの感情までも連想させるそうです。

 つまり「ヌレヌレ」をつけたキスの香りは、彼にあなたとのキスの記憶を、忘れられないものとして深く印象づけてくれるはず。その香りを嗅ぐたびに、きっと彼は気持ちいいキスを思い出し、欲望がかきたてられることでしょう。

ヌレヌレ」は、唇に優しいローヤルゼリー、ダイズ油、ウミクロウメモドキ種子油、マロニエエキスなど、美容成分だけで作られているので、デートにはもちろん、日常のケアにもオススメです。通常のグロス同様、口紅やリップの上から重ね塗りしてもOK。デート中の化粧直しで、リップに塗り足しすれば、きっと彼の視線は唇にくぎづけ!

「デートの最後は食事して終わり」「軽いキスだけで、それ以上進まない」、そんな優柔不断な彼を変えるために、まずは唇を変えてみましょう。「ヌレヌレ」ならいつものキスを“本気のキス”へ後押ししてくれるはず。「今夜は帰りたくない!」、女性からは恥ずかしくて言えないその言葉を「ヌレヌレ」が代弁してくれます。きっと彼はあなたを誘わずにいられないでしょう。

 LCラブコスメは、女性が運営する女性のためのセクシャルヘルスケアのブランドです。恋する女性のための“恋のお守りアイテム”が充実。「ラブコスメ」で検索すれば、あなたにぴったりのアイテムを見つけることができるはず。誰にも言えないナイショのお悩みも、きっと解決してくれます。(AD)

03

前回の記事はこちら

「今夜は帰りたくない!」女子必見、男性から誘わせるための決め手とは

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


  • 「もう何度したのか覚えていない」彼を豹…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.