日刊大衆TOP 芸能

松方弘樹と梅宮辰夫、最後の「感動秘話」

[週刊大衆2017年03月06日号]

キスしたくなる唇
http://www.lovecosmetic.net/
「今夜は帰りたくない!」男性から誘わせるための決め手とは

松方弘樹と梅宮辰夫、最後の「感動秘話」

 昭和の大スターの死から30日あまり――。聞こえてきたのは義兄弟と称された“辰兄”との心温まる友情話だった!

 1月21日に脳リンパ腫のため亡くなった、俳優の松方弘樹さん(享年74)。映画『仁義なき戦い』シリーズや、仁侠映画、時代劇での名演技に加え、80年代以降はバラエティでも活躍した昭和の大スターの死を悼む声は、逝去から1か月がたった現在も、やむことはない。

 夕刊紙記者は言う。「松方さんは、同じ時代を生きた俳優仲間ばかりでなく、若い芸能人からも、とても慕われていました。たとえば、おバカキャラでブレイクしたつるの剛士は、マグロ釣りをしていた際に松方さんから、“つるのくん、松方です。そんな短期間で釣れたら苦労しないよ~。オレなんか年中、全国追っかけてるんだから!”と励ましの電話がかかってきたことを明かし、故人をしのびました」

 また、ダウンタウンの松本人志は、「まだ若手時代、スタッフとの打ち上げ中に松方さんがやって来て、“頑張ってるね。スタッフとドンドンやりなよ”と、ポンと100万円を置いていったという、豪快すぎるエピソードを明かしていました」(前同)

 ジャンルを超えて、多くの芸能人に慕われていた松方さん。だが、やはり芸能界で、その喪失感を誰よりも感じているのは、“義兄弟”とも称されるほど、深い絆で結ばれていた梅宮辰夫(78)であることは間違いないだろう。「東映の黄金時代、数々のヒット映画を世に送り出した2人は、お互いを、“辰兄”“浩樹(松方さんの本名)”と呼び合い、なんでも言い合える関係でしたからね」(映画関係者)

 当時、2人がともに過ごした時間は、とにかく濃密だった。「その時代の実録路線の仁侠映画は、リアリティを追求するため、本物の組織の組長や幹部と実際に時間をともにし、その言動や生き方を学んで演技に生かすのが当たり前でした。梅宮さんや松方さんも、そんな苛烈な日々を過ごしながら、信じられないペースで魂のこもった作品を世に送り出してきたからこそ、深い信頼関係で結ばれたんでしょう」(前同)

 そして2人は、よく遊んだ。梅宮と松方さんに、故・山城新伍さんを加えた3人は、派手な女遊びで知られていたという。本誌で連載を持つ芸能レポーターの須藤甚一郎氏は、こう話す。

次ページ >> マグロ釣りで海のロマンを共有

松方弘樹と梅宮辰夫、最後の「感動秘話」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 「今夜は帰りたくない!」女子必見、男性から誘わせるための決め手とは

大衆のオススメ


  • 「今夜は帰りたくない!」女子必見、男性…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.