日刊大衆TOP 芸能

松坂大輔、杉内俊哉、藤川球児…プロ野球「戦力外&崖っぷち」選手の逆襲

[週刊大衆2017年03月13日号]

キスしたくなる唇
http://www.lovecosmetic.net/
「今夜は帰りたくない!」男性から誘わせるための決め手とは

松坂大輔、杉内俊哉、藤川球児…プロ野球「戦力外&崖っぷち」選手の逆襲

 かつては太陽の輝きを誇った世代にもじわりと迫る黄昏のとき。だが、今こそその経験が“新たな光”を放ち始める!

 プロ野球もいよいよオープン戦が始まり、各球団の選手が躍動する姿を見せている。中でもひときわ注目を集める男がいた。ソフトバンクホークスの松坂大輔(36)だ。

「とにかく、今年は投げ込みがすごい。2月7日には1時間半ブルペンにこもり、239球も投げました。いったんペースダウンしましたが、22日には最長90メートルの遠投を行い、その後また投げ込み。こんなに練習しているのは西武時代以来です」(スポーツ紙記者)

 “怪物”といわれた男も、日本復帰後は鳴かず飛ばず。2年間ほとんど実戦登板せず、昨年の最終戦でようやく一軍のマウンドに立つも、3安打4四死球で5失点。1回に39球も費やす大炎上に終わり、“3年12億の給料ドロボー”といわれては、奮起するしかない。契約最終年で崖っぷちの今年は完全復活を賭けて、プエルトリコのウインターリーグにも参戦。体重を絞ってキャンプに挑むなど、“本気”を見せている。

「もともと松坂は、オフに投げ込みを重ねてフォームを固めていく調整スタイルでしたが、投げ過ぎを嫌うメジャーでは、それを禁じられており、日本球界復帰後は肩の痛みもあって、それができなかった。手術後の経過も良く、やっと自分流の調整が可能になったようです」(前同)

 調整段階とはいえ、最速136キロは全盛期と比べると、少し寂しいが……。「もしかすると、変化球中心の技巧派投手への脱皮を図っているのかも。もともと球種は豊富ですし、今年は体が絞れていますから、ぜひ“怪物伝説”の第2章を見たいですね」(同)

 野球評論家の橋本清氏も、松坂にエールを送る。「今年の大輔には期待したい。彼が復活すれば、同世代の選手たちにも大きな刺激になるはずですから」

 そう、かつて松坂世代と呼ばれ、一時代を築いた多くの選手たちが今、松坂と同じように“勝負の年”を迎えているのだ。たとえば、巨人の杉内俊哉(36)。右股関節の手術のために、昨年はシーズンを棒に振ったが、今年は捲土重来を期して二軍スタート。2月13日には572日ぶりに一軍に合流した。

 キャンプで投球を見た長嶋茂雄終身名誉監督も「いい回転をしてるね~」と称賛。復活を予言したという。「股関節を手術したことで、投げるときの体重移動が再びビシッと調節できるようになり、得意のスライダーにキレと精密なコントロールが戻ってきました」(民放局スポーツ記者)

次ページ >> 巨人や阪神のベテランも奮起!

松坂大輔、杉内俊哉、藤川球児…プロ野球「戦力外&崖っぷち」選手の逆襲

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 「今夜は帰りたくない!」女子必見、男性から誘わせるための決め手とは

大衆のオススメ


  • 「今夜は帰りたくない!」女子必見、男性…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.