日刊大衆TOP 芸能

HKT48・指原莉乃が「中居正広」を超える日

[週刊大衆2017年03月20日号]

止まらないキスの秘密
http://www.lovecosmetic.net/
「もう何度したのか覚えていない」

HKT48・指原莉乃が「中居正広」を超える日

 レギュラー&準レギュラーとして出演するキー局番組は驚きの週10本と、今、アイドル界、いやテレビ界の先頭を突っ走るHKT48の指原莉乃(24)。昨年の年間テレビ出演本数は350本。毎日、テレビに出ていると言っても過言ではない大活躍だった。さらに、2月末には、新発足するSTU(瀬戸内)48の劇場支配人に任命され、秋元康氏からの信頼の厚さを見せつけた。

 AKB48に詳しい芸能評論家の三杉武氏も、その躍進ぶりを絶賛する。「彼女の魅力は、アイドルとして“ギリギリ”の刺激的な発言をブチ込んでくるところ。下ネタや自虐ネタなど、さじ加減が絶妙で、自身の過去のスキャンダルもうまく切り返せる。彼女の発言はよくネットニュースに取り上げられますが、それを意識して話しているところもあると思います」

 事実、「気づくと毎日、指原の発言を取り上げた記事を書いている」(ネットの芸能ライター)という声も聞こえてくるほど。その活躍と比例し、さぞ懐も暖かくなったのか、最近は彼女の年収にスポットライトが当たることも。

「昨年の推定年収が2億9500万円という報道が出て、その件に関して先日の『ワイドナショー』(フジテレビ系、2月19日放送)で、松本人志が“僕も雑誌で推定で(年収を)書かれるんですけど、そこまで大きく間違ってはなかったりする”と言及したんです。指原は“そんなにあるわけないじゃないですか”と否定していましたが、その顔はニヤけっぱなしでしたね」(芸能記者)

 改めて、その額を「さもありなん」と言うのは、芸能プロ関係者だ。「推定ですが、テレビ出演が1本約30万円に、コンサートなどAKB関連の仕事に、10本以上あるCM出演料は1本2000万円ほどとなると、単純計算で、そのくらいは確実にいく。2014年には、母親を代表にした節税対策用の個人事務所も設立しましたし、懐に入る額は他のアイドルとは比較にならないはず。最近はMCの仕事も多いので、今後、さらにギャラは上がると思いますよ」

 関係者が指摘するように、指原が他のアイドルと一線を画すのが、MC番組の急増ぶり。現在3番組でMCを務める他、「今後、さらに増える可能性大」(制作会社ディレクター)と言うのだ。

次ページ >> 「女版・中居正広」は、松本人志のお気に入り

HKT48・指原莉乃が「中居正広」を超える日

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


  • 「もう何度したのか覚えていない」彼を豹…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.