日刊大衆TOP 芸能

西のみのもんた宮根誠司 「夜のミヤネ会」実況中継

[週刊大衆12月23日号]

東京に進出して早4年。
関西のみならず、いまや全国で大人気の司会者・宮根誠司(50)が、テレビ界で猛威を振るっている。
「いまや『情報ライブミヤネ屋』や『Mr.サンデー』などの報道バラエティー番組の司会を務め、すっかり大物にのし上がった宮根ですが、【夜の仕切り】もイケイケ。各局の女子アナやディレクターを引き連れて開かれる飲み会【ミヤネ会】が勢いを増しています。最近、TBSで大人気の田中みな実まで入会したというから驚きました」(制作会社ディレクター)

宮根といえば、関西ローカルで高視聴率だった『ミヤネ屋』(読売テレビ系)が全国放送になり、一気に知名度を上げた司会者。
10年からはフジテレビで『Mr.サンデー』が始まり、着々と仕事を増やしているが、TBSとは縁がないはず。
なのに、田中アナがミヤネ会入りとはどういうことか?

芸能プロ関係者が語る。
「田中のほうから宮根に接触したようです。交際中のオリラジ・藤森慎吾との結婚時期や今後の仕事について相談したとか。フリー転進も噂されている田中に、"ウチの事務所に来なはれ"と押しているみたい」

宮根は銀座などの高級クラブで、大勢のスタッフとドンチャン騒ぎするのが大好きな酒豪。
"みんなのみな実"が毒牙にかからないか心配するムキも。

「ミヤネ会はほとんど宮根の独演会ですが、常に美女を隣に配置するのが鉄の掟。その子を深夜まで2~3軒連れ回すパターンが多いようで、田中が宮根と"密着状態"になっていないか、と懸念する声もあります」(前出・ディレクター)

田中アナだけではない。
同じTBSの枡田絵理奈アナまでミヤネ会入りを噂されているという。
「宮根の事務所の後ろ盾となっている芸能界の大物を通し、フリー転進願望の強い枡田と密会しているようです。田中も枡田もTBSのエース格ですから、事務所に引き入れれば、引く手あまたの稼ぎ頭になる。2人が加わればミヤネ会はより強力になります」(前同)

だが、酒癖の悪さや強引な大阪人気質のせいか、すでにミヤネ会にNOを出している美女もチラホラ。
「元日本テレビの看板アナ・西尾由佳理がフリーになるとき、宮根が強力なラブコールを送ったのですが、体よく断られたようです。それに『Mr.サンデー』の初代アシスタントだった滝川クリステルも、宮根の密着司会と番組終了後の飲み会が嫌で降板したとの説までありますから、相当なしつこさなんでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

さらにもう一人、ミヤネ魔人は、あの人気女子アナにも触手を伸ばしていた!
「フジの№1女子アナ、加藤綾子です。『Mr.サンデー』には滝クリの代理で何度か出演したことがあり、そのたびに"飲み会行こうや"と誘われていた。でも、"朝番組がありますから"と完全にシャットアウトしていたのは、局内でも有名な話」(フジテレビ関係者)

みんなのミヤネ屋になるのは、まだまだ先の話!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.