日刊大衆TOP 芸能

エッチなお姉さん壇蜜の「魔法の言葉」総集編 vol.04

[週刊大衆12月23日号]

壇蜜が発した数々の名言をもっと紹介しよう。

▼ヘアヌード写真集の発売イベントで
「(プライベートでは)縛りは2~3人くらいと経験がある。仕事のため、恋仲でない人に縛られるほうが多くなってしまった」

▼月刊誌の音楽に関するインタビューで
「私の実際のエッチな場面では、音楽はいらないですね。私、一度に2つのことができないんです。音楽は音楽で集中して聴きたいし」

 ▼女性向けセクシーサイトのイベントで
「自慰行為はヒマさえあればする」

▼ネットの『週プレNEWS』においても、「普段も一人エッチはする?」との質問に
「ふふふっ。しますよ。しないほうが……アレですよね(笑)」
ちなみにオカズは、小説なんだとか。

▼でも、いつも一人では飽きちゃう。スポーツ新聞社を訪問したときに
「家に帰っても一人でやることがない。種をまく人、急募です」

▼ラジオ番組にゲスト出演した際、「壇蜜さんは、童貞をどう思っていますか?」という質問メールに対して即答。
「国の宝!」

▼主演SM映画公開時のインタビューで
「自分を見せたい。そして、興奮してもらいたい。私がしたいのは、ただ、それだけなんです」

▼同作の初日舞台挨拶で
「私は7歳のときに父の本棚にある『ゴルゴ13』を読んで何かが目覚めました。この映画で皆さんにも何かが目覚めていただけたら」

▼女性誌の人生相談のページで、27歳の女性が「処女なのをコンプレックスに感じている」との相談に
「処女であることがコンプレックスであるならば、駄馬でもいいから騎乗しましょう。最初からディープインパクトを狙ってはいけません。初陣は失敗するもの。早めの騎乗をおすすめします。処女に価値があるのは10代までです。初陣は負けるものなんだから、とっとと捨てちゃいなさい」

ちなみに、好きな男性のタイプは
「いろんな意味でカタい方が好みです」
だそうです。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.