日刊大衆TOP 芸能

2012年プロ野球セ・パ12球団優勝確率全データー公開 vol.1

[週刊大衆03月26日号]

144試合の激闘の果てに勝利の美酒を味わえるのはどのチームだ?
総力取材の結果が、いま明らかに!
30日の開幕戦も間近のこの時期、選手もファンも心に描くのは「今年は優勝」の言葉だろう。
本誌は、現時点での各チームの戦力を徹底分析。そこに、評論家、取材記者などのデータを加味し、セ・パ両リーグの優勝確率を算出した。
具体的な数字はページ下部に記載するが、まず野球評論家の関本四十四氏の言葉を聞いていただきたい。
「プロ野球チームのペナント優勝の条件は、投手陣の頭数です。
75勝とされる優勝ラインを、何人でまかなえるのかということ」投手陣の頭数で、巨人に勝るチームは12球団に存在しないだろう。前出の関本氏がいう。
「新加入の杉内、ホールトンは、両者とも2桁勝利は確実。6連戦でも、ローテーションの谷間を作らずに済むほどの陣容です」
確かに、この2人に内海、澤村で4本柱。そこに東野、ゴンザレス、宮國、西村というコマが揃うのだから
キャンプ地で「今年は2位狙いだな」という声が、セの他球団関係者から聞かれたのも当然かもしれない。
ただ、圧倒的に見える巨人にも死角はある。

野球解説者の江本孟紀氏が語る。
「優勝への大きなポイントは打線。長野、阿部、村田の3、4、5番がどの程度打てるかでしょう。
ただ、私が原監督にインタビューしたとき、今年が、この3人の"クリーンアップ元年です"といっていたのに、オープン戦でいきなり長野を1番に動かした。
明らかに迷いが見えます」また、4番で捕手でキャプテンの阿部が万が一、ケガをすれば、チームは間違いなく崩壊する。
「昨季までは鶴岡がいましたが、今季は代わりがいない。まさにアキレス腱です」(スポーツ紙デスク)
その鶴岡の移籍先が、今季の台風の目、中畑清監督率いる横浜DeNAだ。
「鶴岡以外にも、藤井、ラミレスが巨人から移籍しました。
巨人の内部事情が横浜に筒抜けになるのは、確実です」(前同)

さらに、横浜は日本ハムから元巨人の林を獲得したが、藤井とともに左投手だ。
「これは、左投手に弱いとされる巨人への布石。絶対に巨人には勝つ、という中畑監督の強い意志が感じられます」(専門誌記者)
多くの識者が「ダントツの最下位。優勝確率はゼロ」とした横浜だが、「V確率8%」と予想するのは、野球評論家の大塚光二氏。
「国吉と筒香というスター候補に活躍してほしい、という期待を込めています」このように希望の芽はある横浜。
打倒巨人に全力を傾注して勝利すれば、お祭り状態になるのは必至。一丸となったチームを率いるのは"絶好調男"ゆえ、その勢いで突っ走る展開は大いに考えられるのだ。
昨年の優勝チームながら、いまひとつ前評判がよくないのが中日。
チェンが抜けても、吉見を筆頭とする投手陣はいまだに強力で、元エースの川上も復帰。しかし、江本氏はこう危惧する。
「落合監督が去り、去年までのピリピリムードがないのは心配です」もっと深刻なのは、打線だという。
「昨季、チーム打率が12球団中最低で、主力打者は揃って減俸。そうなると、打者は自分本位のバッティングに走る。
髙木監督と権藤ヘッドコーチは、個人プレーを容認するタイプですから、チーム打率はさらに落ちるのでは」(前同)
昨年、大方の予想を裏切って優勝争いを繰り広げたヤクルトほど、優勝確率が読みにくいチームはない。
「投打のバランスがいい。現実野球で勝ってきたチームなので、大崩れはしないと思います」と江本氏が語る一方で
「去年の優勝争いで、燃え尽きた。エースの石川は計算できますが、若手にケガ人も多い」(前出・デスク)という声も聞かれる。
やはり、チームの団結がカギとなってきそうだ。

★2強が中心2012セリーグ優勝確率

・優勝確率
巨人 33%
・意外なキーマン
橋上コーチ(46)
・寸評
ヤクルトで叩き込まれた「野村ID」の精神を巨人に注入!
強大な戦力を使いこなす戦略コーチの手腕に注目が集まる。

・優勝確率
阪神 25%
・意外なキーマン
和田監督(49)
・寸評
戦力に新たな上積みもない代わりにマイナスもなく、変わったのは指揮官だけ。
昨季、打率1位の強力打線を活かせるか?

・優勝確率
ヤクルト 15%
・意外なキーマン
増渕(23)
・寸評
石川、館山、由規、村中に続く先発5人目の男。
彼の調子が上がってくればローテの穴が消えて、より先発陣が生きてくる。


・優勝確率
中日 14%
・意外なキーマン
山本昌(47)
・寸評
開幕投手をも見すえるプロ生活29年目が、男意気を見せる?
シーズンを通しての活躍は無理でも、ポイントでの勝利が効く。

・優勝確率
広島 8%
・意外なキーマン
野村(22)
・寸評
前田健、バリントン、福井、サファテら、リーグ屈指の強力投手陣に、期待されるビッグルーキーが化学変化をもたらす?

・優勝確率
横浜 5%
・意外なキーマン
国吉(20)
・寸評
素材は間違いなく特級品の若武者。手薄な投手陣で先発ローテ入りして大化けすれば、大エースへと成長する可能性も十分。

★群雄割拠2012パリーグ優勝確率

・優勝確率
西武 25%
・意外なキーマン
浅村(21)
・寸評
高卒4年目の若獅子。
俊足かつどこでも守れる守備力が武器で、いまが伸び盛り。
5番に定着すれば、最大の脅威になる。

・優勝確率
オリックス 22%
・意外なキーマン
ミンチェ(35)
・寸評
実績十分のセットアッパーが、西武から移籍。
昨季の中継ぎ王である平野、抑えの岸田と併せて、7、8、9回にスキはなし!

・優勝確率
ソフトバンク 22%
・意外なキーマン
今宮(20)
・寸評
野手では"最大の痛手"となった遊撃・川﨑の穴を埋めるのは、高卒3年目の背番号の男。
レギュラーを奪取すれば盤石。


・優勝確率
ロッテ 17%
・意外なキーマン
藤岡(22)
・寸評
セ・パを通じ、最大の潜在能力を持つといわれるルーキー。
新人王候補の最右翼が、先発ローテ入りで他球団をなぎ倒す!

・優勝確率
日ハム 10%
・意外なキーマン
糸井(30)
・寸評
メジャーも熱視線を送る3割、30本、30盗塁も夢ではないスーパープレーヤー。唯一の弱点・天然ボケを克服できるか?

・優勝確率
楽天 4%
・意外なキーマン
大久保コーチ(45)
・寸評
現在の強力な西武打線を作り上げた男が、金鷲打線を奮起させる!
代名詞「アーリーワーク」は、すでにチームに浸透した。

3月20日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.