日刊大衆TOP 芸能

2012年プロ野球セ・パ12球団優勝確率全データー公開 vol.3

[週刊大衆03月26日号]

日ハムと同様に、エースの岩隈が抜けた楽天。
「マー君(田中将大)が大車輪で頑張って、岩隈が抜けても団子レースに加われそう」(関本氏)
また、デーブこと大久保博元コーチの加入で、「チームの雰囲気がガラリと変わった」(江本氏)とも。
球界にはジンクスがある。曰く、"ノーマークのロッテには気をつけろ"。
「2年前、日本一になったときも、誰も優勝を予想していなかった。
かと思えば、昨シーズンは最下位。面白いチームですよ。ルーキーの藤岡は実戦向きで、こういう投手が入るとチームは変わります」(江本氏)
チームリーダーの井口のもと、ダークホースがペナントをさらう?
超強力な補強で、前評判が高いのがオリックス。
「ポイントは韓国から来たイデホ大砲、李大浩と投手陣の充実。左右に打ち分ける打法を見ると、李はホームランよりも、打率を残しそうです」(関本氏)
そのオリックスより、さらにV確率が高いと見られているのが西武だ。
「混戦を抜け出すのは西武と見ます。
岸、涌井が復調するでしょうし、菊池も渡辺監督が太鼓判を押していました。
リリーフ陣も心配ありません」(江本氏)
涌井、岸、石井一に加えて、昨季は抑えを務めた牧田が先発に戻るという話もある。
さらに、ルーキーの十亀がローテを狙えるほどの仕上がりだという。
「菊池は2ケタ勝てそうだし、西口も順調。
そんな2人がローテの当落線上にいるわけですから、投手の層は厚いです」(デスク)
打線では3番・中島、4番・中村は鉄板。
「昨年、中村はあれだけ打ちましたから、相手チームには当然、中村敬遠という選択肢もある。
それゆえに、5番に誰を据えるかが大きなポイントとなりそうです」(大塚氏)
 強大な戦力なら勝てるかといえば、さにあらず。番狂わせの例も数多い。はたして、勝利の女神が微笑むのは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.