日刊大衆TOP 芸能

“川内落選”で噴出 陸連選考への疑惑

[週刊大衆04月02日号]

「またしても悲劇です。多くの国民がガッカリしたことでしょう」(全国紙記者)

今月12日にロンドン五輪のマラソン日本代表が発表され男子は藤原新、山本亮、中本健太郎が、女子は重友梨佐、木﨑良子、尾崎好美が選ばれた。
そして、その結果が、いま大きな波紋を呼んでいる。

「福岡国際で日本人1位だった川内優輝(25)が落選したんです。3つの国内選考会のトップで落ちたのは、川内だけです」(前同)

会見では、川内の落選に対する質問が相次いだが「“中本(びわ湖で日本人2位)の安定感を評価”“(補欠は)積極的な走りの堀端宏行にした”など、曖昧なもの。“非実業団の川内だけは選びたくない”という雰囲気さえありました」(同)

川内落選の決め手は、2月の東京マラソンでの惨敗(14位)だが
「給水失敗で調子を崩した川内でしたが“関係者が川内のボトルを見えないように置いた”“実業団の選手に妨害された”などの噂もあるんです」(夕刊紙記者)

実際に、ペースメーカーが川内のドリンクを飲んでしまった“事故”も起きた。
「噂が立つのも、選考基準が曖昧で、陸連幹部の印象だけで決まる傾向があるからでしょう」(前同)

それでも「代表選考は公平」と、あくまでも実直な川内。
その言葉を、陸連はどう受け止めるのか……。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.