日刊大衆TOP 芸能

絶対いい嫁になってやる!高橋尚子「金メダル級イイ女伝説」 vol.2

[週刊大衆04月09日号]

前出・安野代表は、こう語る。
「彼女は本当に裏表がないんです。私も海外の著名なスポーツ選手をたくさん見てきましたが、彼らの中には、テレビカメラの前ではニコニコしていても、あとで急に表情を変える人も少なくありません。しかし、彼女は違います」
小出監督も、かつての教え子の気配りに舌を巻く。
「今年のバレンタインデーには、僕のところにも、美味しいチョコレートを持ってきてくれたんだ。僕のところだけじゃない。彼女が佐倉にいた頃、いろいろお世話になっていた人たちがいてね。その人たちのところにもチョコを配っていたみたいだね」

家庭的で料理が好き。
そのうえ、気配りも金メダル級。
これで彼女が"いい嫁"にならないはずがない。

『高橋尚子夢はきっとかなう』などの著書があるノンフィクション作家の黒井克行氏は、こう話す。
「とにかくサービス精神が旺盛なんですよ。彼女が東日本大震災の被災地へ入った際、私も同行しましたが、サインを求められると、笑顔を絶やさず、スタッフが時間を気にして止めるまで応じ続けるんですから」
彼女のボランティア精神は、国内だけでなく、海をも越えている。

「日本で履かれなくなった靴を回収し、ケニアの子供たちに寄贈する『スマイルアフリカプロジェクト』というボランティア活動を続けています。靴が、その後、どう活用されているかも視察するほど熱心です」(前出・スポーツ紙記者)
ワールドワイドな優しさを持つQちゃんだが、最近、"オンナ力"にも、さらなる磨きをかけている。
「もともと、トレーニングウエアもフェミニンなものが好きでしたが、最近はその趣味が加速。ピンク色や、ヒラヒラしたフリルスカートをよく身につけていますね」(前出・ディレクター)

そして、最近は体も一段と女性らしくなったというのだ。
「ふっくらしてきて、服の上から見る限りでも、意外に胸が大きいのがわかります」(前出・夕刊紙記者)
これほどまでのイイ女が妻となれば、西村氏は日本一の幸せ者になるだろう。

最後に、小出監督が2人にエールを送る。
「Qちゃんはお嫁さんになっても変わらず、皆が大好きなQちゃんでいてくれると思いますよ。そして、コウ君が側にいてくれたら、世界中のどこへ行っても大丈夫。彼のような男性は、ほかには絶対、いませんから」
本誌も、一日も早いお二人のゴールインと、末長い幸福を願ってやまない。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.