日刊大衆TOP 芸能

兄は監督、弟は選手凄すぎる三浦兄弟

[週刊大衆04月16日号]

現役選手として、Jリーグ最年長出場記録を更新し続けるキング・カズこと三浦知良(45=横浜FC)。
「その凄さは誰もが認めるところですが、実は兄のヤスも負けていないんです」(専門誌記者)

ヤスこと三浦泰年(46)も、清水、V川崎、神戸などでプレーし、日本代表も選ばれたJリーガーだった。
03年に引退し、現在はJ2のギラヴァンツ北九州で監督を務めている。
「同クラブは、2010年が36試合でわずか1勝。当然ながら最下位で、まさに壊滅的な状態でした。ところが、ヤスが監督に就任した昨季は、16勝で8位と大躍進。大型補強があったわけでもないので、純粋に監督の力といっていいでしょう」(前同)
三浦監督に密着取材を続けてきたスポーツライターの吉崎エイジーニョ氏は、その手腕をこう語る。
「選手がボンヤリとしか理解していないことを、言葉で明確に伝えられるのが最大の強みだと思います。"お前の仕事はこれだ"と。また、伝える方法を常に考えている。なかなか、できることではありません」
V川崎、神戸などで、プレーした三浦兄弟。
こうなったら、監督、選手での"兄弟競演"も見てみたい?!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.