日刊大衆TOP 芸能

釈由美子「極上セミヌード写真集」で「全裸濡れ場オファー」殺到中!!

[週刊大衆12月16日号]

まさに熟れ頃、女優の釈由美子(35)の極上フェロモン進化がとどまることを知らない。

先日、最新美容エッセイ『釈ボディ』(学研パブリッシング)を出版した彼女。
独特のエクササイズや毎日の食事など、B85W57H86の芸術的なEカップボディを維持する秘訣を公開している。

圧巻なのは、なんといっても【セミヌード】。
「自ら進言したという手ブラヌードにページをめくる手が止まりました。ハリのある美巨乳、イヤらしい曲線を描く腰つき、小ぶりながらツンと張ったプリ尻とドテ高な局部……妖艶な三十路女優は数多くいても、釈の色気には敵いません。スッピンの顔には修正をかけたそうですが、本人のこだわりで体は完全無修正。その証拠に、ホクロや微妙なシミなど、写真集では消してしまう部分も晒していますよ」(スポーツ紙記者)

最近では自分のボディへの自信の表れか、これまで見せたことのなかった濡れ場にも挑戦。
ロックバンドGLAYの新曲『DIAMOND SKIN』のプロモーションビデオ(PV)は、動画サイトで150万回の再生を超えるほどの話題となっている。
「禁断の不倫愛に堕ちるドロドロの役を演じる釈は、イントロから男にホテルに連れ込まれます。曲の出だしで激しいディープキスを交わし、ワンピースのジッパーを一気に降ろされ、キメ細やかな背中を撫で回され、目が離せません」(前同)

ここから曲の盛り上がりとともに、"釈エロ"もさらにヒートアップ!
「後半には黒ブラの上から美乳をフェザータッチされ、恥じらいながらも頬をピンクに染めて身悶えるなど、本格的な"艶技"を披露。このわずかなシーン見たさに、再生回数が急増しているほどですよ」(同)

美容エッセイ本の出版と過激PV出演によって。
"釈エロボディ"人気が急上昇。

このおかげか、最近すっかりご無沙汰だった女優業で、来年は新たなエロスを拝めそうだという。
「このPVの艶技を見た映画関係者が即、釈に主演オファーを出したそうです。ヒット作は『スカイ・ハイ』シリーズくらいで女優としては停滞気味の釈ですが、いまのフェロモンをフル活用する初濡れ場映画なら、大ヒットは間違いない。彼女自身も女優業にヤル気満々ですし、"グラビア時代より、いまの自分のカラダが一番好き。もっと見せたい"と意気込んでいるみたいですよ。久々の主演作は相当期待できますね」(映画誌編集者)

来年こそ、一糸纏わぬ姿がついに拝める!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.