日刊大衆TOP 芸能

レスリング吉田に"恋愛力"のススメ

[週刊大衆06月18日号]

04年、08年と五輪を連覇中の女子レスリング55キロ級の吉田沙保里(29)が、悔し涙に暮れた。
「5月27日に行なわれたW杯で、ロシアのジョロボワに敗れたんです。4年ぶりの敗戦に、会場は騒然となりました」(全国紙記者)

公式戦の連勝が58で途切れたこと以上に衝撃だったのは、その泣きっぷり。
試合から1時間後も涙が止まらず、母親の幸代さんに抱き締められて、また号泣。

今回の敗戦を含めても、12年間で公式戦179戦177勝2敗という絶対的な強さから、吉田には男勝りなイメージがあるが、実像は大いに異なる。
「実際に会うと、かなり小柄で華奢。肌も綺麗で、実は女子力が高い。ブログでは、自らを"さおさお"と呼んでいますね」(前同)
今回の敗戦を受けて、全日本の栄和人監督は「五輪まで恋愛禁止!」と叫んだが、これには疑問を呈する向きもある。
「00年、04年と五輪を連覇した柔道の谷亮子は"恋多き女"として有名でした。なでしこジャパンの澤穂希も、吉田が"恋の師匠"と崇拝するほどの恋愛上手。成績を残してきた女子アスリートはすべて、恋愛力の高い選手ばかりですよ」(スポーツ紙記者)

恋愛力のアップこそが、金メダルへの近道?

ガンバレ、さおさお!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.