日刊大衆TOP トレンド

ついつい通ってしまう…立ち食いそば「魔性の秘密100」 vol.01

[週刊大衆03月03日号]

寒い冬の夜、漂ってくるツユの香りに誘われて、つい寄りたくなってしまう立ち食いそば店。
その100の秘密を調べてみた。

実は立ち食いそばのルーツは、江戸時代の夜鷹そば。
当時の食事は1日2食だったため、夜になって腹を空かせた宵っ張りの江戸っ子に大人気だったのだ。
日本のファストフードとして、昔から多くの人に愛されてきた立ち食いそば。
その魅力をたっぷりと紹介しましょう!

どこの町や駅でもたいてい見かける立ち食いそば。
アベノミクス効果もむなしく、相変わらず不況にあえぐ飲食業界ではあるが、立ち食いそば業界は好調といわれている。
業界1位の店舗数を誇る「ゆで太郎」は昨年も新規出店が続き、総店舗数137を達成。
なんと国内だけでなく台湾にまで進出している。
また、「名代富士そば」も新規出店が続き、いまや101店舗に拡大中。
同じく海外の7.インドネシアのジャカルタにまで進出しているのだ。

「海外展開は苦労も多いようですね。富士そばも豚肉が食べられないイスラム教徒が多いジャカルタでは、名物のカツ丼に鶏肉を使っているようです」と言うのは、『立ち食いそば図鑑【東京編】』(マイウェイ出版刊)の著者であるライターの本橋隆司氏。
立ち食いそば業界は、まさに"戦国時代"だという。

ほかにも、牛丼チェーン大手の吉野家が「そば処吉野家」という、そばと牛丼が食べられる店舗を展開。
この店舗は、看板の色から『青い吉野家』とファンからは呼ばれ、その本格的な味で業績も好調。
さらに居酒屋チェーンなど、他業種からの参入も相次いでおり、いまや立ち食いそばは、飲食業界で注目の的なのだ。

そんな立ち食いそばのファンは海外にも多く、あのレディー・ガガも来日時には、品川駅の「常盤軒(ときわけん)」で立ち食いそばを欠かさず食べるとか。

もちろん日本のタレントにもファンは多い。
筆頭はなんといってもなぎら健壱で、お気に入りは都内に数店舗ある「かめや」。
ルー大柴もファンを公言しており、東京・方南町の「ちかてつそば」がお気に入りとのこと。また、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で立ち食いそば芸人企画が放送され、ケンドーコバヤシや博多華丸、アンガールズ・田中卓志が立ち食いそば愛を熱く語ったり、HKT48の指原莉乃がブログで立ち食いそば好きを公表している。

さらに、人気漫画『会長島耕作』の主人公、島会長も作中でたびたび立ち食いそばを食べており、国や年齢性別を問わず、ファンが広がっているのがわかる。
ちなみに島会長は、東京・虎ノ門にある「そば処港屋」がお気に入りで、店内には作者である弘兼憲史氏のサインが飾ってある。

このように、かつてはオジサンの食べ物だった立ち食いそばも、いまやファン層が拡大。
OLの女性客も増加しているという。

その一因となっているのが、居心地のいい店舗が増えてきたこと。
立ち食いといいながら、ほとんどの店に椅子がある。
富士そばは、旧来の店を改装して椅子のある店舗を増やしており、いまや純粋な富士そば立ち食い店舗は3店だけになっている。

「女性客が増えているのはありがたいんだけど、たまに3~4人ぐらいで来て、おしゃべりに夢中になっているときがあってね、あれは困るんだよね」(都内の立ち食いそば店の店主)
女性客が増えるのは嬉しいけど、だらだら長居されたら、ほかのお客さんにも迷惑。
回転率も落ちてしまうため、店主は複雑な気持ちだろう。

OLだけでなく若者たちにも、ファンは増えているという。
渋谷にあるチェーン店の「嵯峨谷」は、昼こそサラリーマン客が多いが、夜になれば、そのほとんどが若者客に様変わり。
24時間営業なので、クラブ遊びの前に、あるいは遊び明けの早朝に軽く腹ごしらえするという。
「このお店の人気ナンバーワンメニューが、プレミアムモルツの生ビールなんですよ。150円という格安値段も人気の秘密でしょうが、やはり夜遊び前に軽くメシとガソリンを入れる感じで頼むんでしょうね」(前出・本橋氏)

この「嵯峨谷」で出しているのは、なんと十割そば。
そば粉100%の十割そばは、製麺が難しくコストがかかるため、これまで立ち食いそばに使われることはなかった。
しかし、圧力をかけトコロテンのように麺を押し出す「押し出し式製麺機」が開発されたことにより、安い価格で十割そばを出すことが可能になったのだ。
いやはや、300円に満たない金額で十割そばが食べられるなんて、いい時代になったものだ。
さらに嬉しいことに、十割よりも食感がいいといわれる、二八そばを出す店も増えている。

東京・大塚の「みとう庵」は、二八だけでなく、なんと店内でそば切りまでする本格派。
ほかにも化学調味料を使わず天然ダシにこだわる東京・日本橋の「そばよし」や「よもだそば」などもあり、都心で働くサラリーマンに評判が高い。

さらに、揚げ置きが基本だった天ぷらも、注文を受けてから揚げる店が増えてきており、立ち食いそばのクオリティーは驚くほど進化しているのだ。

実は、そばは健康にもいいのだ。
そばは動脈硬化を防ぐ働きを持つルチン、アンチエイジングに効果のあるポリフェノールを多く含む健康食。
美味しくて体にもいい。
これなら人気が出るのも当然だ!

02月25日公開のvol.02に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.