日刊大衆TOP 芸能

お笑い界のカリスマBIG5 酒、カネ、女 vol.2

[増刊大衆11月26日号]

「ドラマや映画の俳優などの【副業】に手を出す大物芸人が多いなか、彼だけはコントにこだわり、いまも第一線でコント番組や舞台を作り続けている。だからこそ、多くの後輩芸人に慕われ、周りに美女たちの輪ができるのかもしれませんね」(前出・放送作家)

これは、言わずと知れた志村けん(63)のことだ。
「40年近く、子供から大人まで笑えるコントを作り続けてきたのは、芸能史上、例がありません。そろそろ日本の伝統芸能に指定されるのでは?なんて声まで出ています」(前同)

その一方で、最後の【大物独身貴族】ともいわれ、その日常は誰もが羨む【酒】と【女】三昧となっていることは有名だ。

まず酒だが「飲むのは、初めから終わりまで芋焼酎の水割りのみ。なかでも、独特の甘さのある【焼き芋焼酎】が好みだそうですよ」(芸能プロ関係者)というから、実に男っぽい。

だが、その席に女性がいると、もう大変だとか。
「彼に"セクハラ"という概念はありませんからね(笑)」(番組関係者)

かつて、ビートたけしが志村と飲んだ際の模様を、語ったことがあるのだが、「なんでも隣に女性がいれば、テーブルの下からパンティの中に手を突っ込み、アソコを触りながら酒を飲むのが好きで、女性が"やめて"なんていっても、"チップやんないぞ!"と堂々としたものだそうです。これまで50億円は稼いでいるといわれる志村ですから、チップが常識はずれの大金なこともあり、ほとんどの女性は抵抗せずに、しっかり触られてしまうそうです(笑)」(芸能記者)

この話で驚くのは、キャバクラなど夜の店に限ったことではなく、名だたる芸能美女との酒の席でも飲み方は変わらないという。
「自分の番組や舞台に、好みの人気アイドルをキャスティングするのが志村流です。優香、みひろ、加藤綾子アナ、菜々緒、原幹恵なども、こうした志村の"洗礼"を受けて、"志村ファミリー"入りを許されたと思われます」(前同)

毎年2月に行われる志村の誕生会は、この豪華美女だらけの志村ファミリーが一堂に会する業界注目の一大イベントとなっている。
「今年は優香を筆頭に、押切もえ、森下悠里、田中みな実アナ、尾崎ナナ、小林恵美、さらにはAKB48(当時)の板野友美までが駆けつける、ゴージャスな会となりました」(女性誌記者)

そこで気になるのは、この中に志村のお嫁さん候補はいるのかということだ。
「昨年、舞台で20年ぶりに共演した、かつての恋人・いしのようことの復縁の噂があるんです。今年3月、酒の飲み過ぎで肝機能の悪化が発覚し、仕事を休んだ志村を、いしのが気遣ううちに、ヨリが戻ったというんです」(舞台関係者)

電撃結婚で、志村が世間を驚かせる日は近い!?

12月13日公開のvol.3に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.