日刊大衆TOP 芸能

「平安貴族風」に眉毛をイメチェンでフジ加藤綾子アナ「決意の志村大奥入り」

[週刊大衆12月16日号]

フジテレビの加藤綾子アナ(28)に異変が起きている。
「『めざましテレビ』を毎朝、熱心に見ている人は、もう気づいていると思うんですが、彼女、眉毛の形が変わってきているんです」

女子アナウオッチャーの指摘を本誌が確認すると、確かに以前とは大きく変わっているのだ。
具体的には、かつてと比べて眉頭がかなり太くなっている。
この変化に美容雑誌編集者は、「ああ、いま流行りの太眉ですね。あれ? でも、眉尻が細いなあ。眉頭も太すぎるし、人気のスタイルではないですね。メイクが下手なのか、でなければ、意図的にそうしていますね」というのだ。

これを番組関係者にぶつけると、まず、メイクは女子アナ本人がやるので、あの太眉もカトパン自らが描いていることが判明した。
さらに、「【スーパー綾子】と言われる彼女が、自らの看板である顔のメイクで下手を打つことはあり得ない」という証言が得られた。
ということは、やはり、【確信犯】なのだ。

この事態に、お笑いプロ関係者は、「あの眉は、どう見ても平安貴族風の"麿眉毛"。その意識の先にあるのは、やはり"志村大奥"でしょう」と語り、こう続ける。
「加藤アナは、本格的に志村けんさんにお世話になることを決意したのでしょう。聞くと、年末年始に彼女が出演する特番は、なんと40本。そんな激務にもかかわらず、今年、フジの冬のボーナスは大幅減といいます。加藤アナが、"もう、やってられない"と思っても不思議ではないですよ。麿眉毛は大奥入りへのシグナルに違いありません」

巷で囁かれるカトパンのフジ電撃退社説。
本誌は、その動きをいち早く掴んでしまったのかもしれない

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.