日刊大衆TOP 芸能

大王製紙前会長 井川意高氏 暴露本に綴られた夜の世界にドップリ「国民的アイドル2人」の名前

[週刊大衆12月16日号]

「いったい【あの2人の大物アイドル】って誰なんだ?」
現在、芸能界はその話題で持ちきりだという。

カジノに会社のカネ106億8000万円を突っ込み、特別背任容疑で逮捕された大王製紙前会長・井川意高氏(現在収監中)。
その著書『熔ける』が10万部を超え大反響を呼んでいる。
「カジノの泥沼にはまり込む姿はもちろん、夜の街での井川氏の華麗すぎる交遊関係も、大きな話題になっています」(芸能記者)

同書には、ほしのあき、高岡早紀、あびる優、二谷友里恵、矢吹春奈らの女性有名人と井川氏との50名もの交遊が記され、「ほしのあきに高級ティッシュをおねだりされたり、二谷友里恵とテキーラ一気飲み対決をしたり、臨場感溢れる話が満載。なかでも一番気になるのが"あの2人"の話なんですよね……」(前同)

多くの芸能人が実名で綴られるなか、名前を伏せて書かれたエピソードがある。
井川前会長が常連だった西麻布のあるバーには芸能人が数多く出入りし、女性はタダで酒が飲めた。
そこで井川氏は"2人"に出会ったという。
〈今や絶大な人気を誇る国民的女性アイドルグループのメンバー2人(当時。現在は2人ともグループを卒業している)が合流したことがある。~中略~「キミたちは何歳なの?」と尋ねると、平気な顔をして、「高1です」と言う。〉(前掲書)

未成年ながらバーに出入りしていた彼女らを井川氏は1万円のタクシー代を渡してすぐ帰らせたのだが、〈1万円をポンと渡されて味を占めたのだろう。それから数カ月間、2人からは毎日のように、「今日は何やってるんですか?」と電話やメールで連絡が続いた。〉(前同)

井川氏はこうした2人からの連絡を無視していたというが、未成年でカネをおねだりするようでは、呆れた所業と言うほかはない。

「この2人が誰かと評判になっているんです。国民的アイドルグループを現在は卒業、という記述から"AKB48か?""いや、モーニング娘。だろ?""実はSKE?"と諸説が飛び交っています。グループ内の女の子同士でも"●●じゃないの?"と陰口が飛び交っているようですよ」(女性誌記者)

すべてを知る井川前会長は塀の中。
当事者の大物アイドル2人は、眠れない夜を過ごしているのだろうか。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.