日刊大衆TOP 芸能

痛くてもガマン!! 愛ちゃんの大成長

[週刊大衆09月17日号]

ロンドン五輪でメダルを獲得した選手のなかでも、卓球の福原愛(23)の姿に涙した読者も多いと思う。
「ある私大の調査結果では、福原が澤穂希を押さえて選手別感動度第1位に輝きました」(全国紙記者)

"泣き虫愛ちゃん"の愛称で3歳の頃からお茶の間で親しまれてきた福原。幼少期を過ごした仙台でも、「地元の小さな体育館でのテレビ収録で、笑福亭鶴瓶に泣かされていたのが印象的でした。そんなに期待してなかったけど、ここまで立派な姿を見せてくれるとはね」(地元ファン)

五輪で銀メダル獲得する大快挙を遂げた愛ちゃんだが、実は、帰国後に手術するほど酷い右ひじのケガを抱えての出場だった。
「昨年春頃から悪化したんですが、五輪には痛み止めを飲んで出たんです。先月24日に炎症を起こしている部分の摘出手術を受けました。全治2~3カ月とのことです」(専門誌記者)

試合中は痛みを感じさせる素ぶりを見せなかった彼女。"泣き虫少女"から"耐える女"へと変化を遂げていたのだ。

手術後、「五輪時より成長した姿を見ていただけるように頑張りたい」とコメントした福原。リオでは金メダルを取って"歓喜の涙"を見せてくれ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.