日刊大衆TOP トレンド

スマホ馬鹿VSガラケー原始人「どっちが恥ずかしい?」大論争 vol.01

[週刊大衆03月17日号]

「すっかりスマホが定着したけど、正直迷惑。うちの20代社員なんか、会議中も移動中もずっとスマホをいじってて、人の話を聞きやしない」(商社の勤務男性)

昨年末、日本の携帯電話全体に占めるスマートフォン契約率は44・5%(5328万件。民間調査会社・MM総研の調べ)に達した。ガラケー(ガラパゴス携帯)と呼ばれる従来型携帯電話はすっかり時代遅れで、スマホに席巻されている。

スマホはパソコン並みの通信機能を備え、ウェブ閲覧、メール、カメラ、ゲーム、マルチメディアプレーヤー(TVや音楽鑑賞など)、多機能サービスを利用できるのだから無理もない。
やはり、"ガラケー原始人"は絶滅に追い込まれるのか……と思いきや、中高年世代を中心に、反論の声もチラホラ聞こえて来る。

IT業界紙『東京IT新聞』の西村健太郎編集長が、こう語る。
「特にタッチパネルがよくない。メールを打つときに違和感を覚えます。ガラケーは、しっかりボタンを押すのに対し、スマホは微妙なタッチでしょう。ちょっと角度が違ったり、指先が脂ぎっていたなどで文字が出ないことがよくあるからイライラします」

デジタル機器に疎いオヤジ世代にとっては大きな問題だ。
ボタンのほうがやっぱり安心するし、誰もが使いやすいと思うだろう。

操作性だけではない。
ガラケーなら3日くらい充電しなくても大丈夫だったのに、スマホはすぐバッテリー切れしてしまう。
「バッテリー自体はスマホのほうが大容量ですが、ネットやアプリなどで消費電力が多いぶん、すぐ減る最近はフル充電しておけば1日は持ちますが、以前は半日で切れることがよくありました」(前同)

さらに、スマホの高額な料金、通話音質への不満もよく耳にする。
「スマホの通話料金は基本的に一律30秒21円。仕事でたくさん通話する人にとっては、ガラケーより割高。料金を安くする『050plus』などの通話アプリも出てますが、あれはネット通信なので繋がらないことも多いんです」(同)

MM総研が昨年12月に行った調査結果によれば、スマホの利用料金が月額6826円に対し、ガラケーは3746円。
スマホは倍近くも高い結果になるのだから、財布には大打撃だ!
「それでも私がスマホを使っているのは、メールの添付ファイルを開けるからです。これはガラケーにはできません。仕事柄、急いでメールを見ないといけないこともありますから。スマホがいくら多機能といっても、ゲームや音楽は家で楽しみたい。私はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)もやらないし、本当はガラケーを使いたいんですよ」(同)

SNS――最近よく聞く言葉だが、これはツイッターやフェイスブックなどネット上で様々な人と交流できるサービスのこと。
だが、これにハマり過ぎる若者も多く、もはや社会問題と言っても過言ではない

スマホ世代のSNSへの執着はものすごいのだ。
「オレの部下なんか、昼飯を食べるときに必ず料理をスマホで撮ってツイッターに投稿してるし、会議中も机の下でこそこそフェイスブックを見てるよ。何度怒っても、"情報収集ですよ、部長"って反論するし、完全に"スマホ馬鹿"だね」

MM総研によると、スマホ利用者の95%が今後もスマホを購入したいと思っていると言う。
その理由としては「いろんな機能やサービスが利用できて便利」(43%)、次いで「現在、使用していて満足」(32%)と、概ねスマホに満足しているようだ。

「特に代表的なスマホであるアップル社のアイフォーンは異様です。新機種が発売になると、徹夜組も現れるほどの行列ができます。たかが携帯電話の発売でここまで盛り上がるのが、どうにも信じがたいです」(ITジャーナリスト)

こうした"スマホ信仰"の一方で、現在のガラケー利用者に限ってみると、実に3分の1が今後もガラケーを購入したいとのデータ(MM総研)もある。
理由の第1位は「スマホは高い」(48%)、2位「スマホに必要性を感じない」(46%)と、ガラケーの需要も十分にあるのだ。
「実はスマホのシェアは昨年のうちに50%を超えると予想されていたが、思いのほか伸びなかった。ガラケーからスマホへの乗り換えの鈍化、スマホからガラケーへの出戻り組も増えているんです」(前同)

その証拠に、この冬春商戦では久しぶりに大手携帯3社がガラケーの新機種を発売し、世の中のニーズに応えた戦略を打ち出した。

03月14日公開のvol.02に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.