日刊大衆TOP 芸能

年俸1億サオリントルコでも勝つ!!

[週刊大衆10月22日号]

10月に開幕する女子バレーのトルコリーグ。そのトップチーム、ワフクバンクに今季から移籍したのが木村沙織(26)。年俸はなんと1億円。日本国内のトップ選手で年俸1000万円というなか、破格の金額だ。
「2020年の五輪誘致を狙うトルコではスポーツへの投資が盛んで、特にバレーボールが大人気。金融、電気などインフラ系スポンサー企業が多く資金も豊富で、ブラジル代表のファビアナ、韓国代表のキム・ヨンギョンら一流選手が集っている」(スポーツ紙記者)

世界各国のチームがサオリン獲得に名乗りを上げ、よりよい条件の提示もあったというが、「それでも、ワフクバンクに決めたのは、世界最高レベルで己を磨くという決意の表われでしょう」(前同)

異国でさぞ厳しく孤独な戦いを強いられていると思いきや、さすがサオリン。
「英語もしゃべれないのに持ち前の天然ボケと明るさで、すでにチームに溶け込んでいるようです。寿司パーティーの開催などで同僚選手との親睦も問題なし。世界で活躍するサッカーの長友佑都、香川慎司らと同じく、言葉の壁を越えるコミュニケーション能力を備えています」(専門誌記者)

サオリンの、あの笑顔があれば大丈夫だ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.