日刊大衆TOP 芸能

テニス・錦織圭の思わぬ難敵とは?

[週刊大衆10月29日号]

ロンドン五輪でベスト8のアノ男が、また快挙だ。

「男子テニスの錦織圭(22)が10月7日の楽天ジャパン・オープンで見事、優勝。08年のデルレイビーチ国際に続く2度目のツアー優勝で、これは日本人初。世界ランクも15位に上昇し、日本男子最高位を更新しました」(スポーツ紙記者)

この試合を「100点といいたい」と胸を張った"テニスの王子様"。爽やかなイケメンとあって黄色い歓声も多いが、女運がない。
「08年夏の北京五輪後に卓球の福原愛と交際を開始。しかし、運悪く早くも11月に原宿での"路チューデート"を写真誌にキャッチされました」(夕刊紙記者)

これが運のツキか、「熱狂的な女性ファンがテニス協会に"交際を認めるの?"と抗議電話を入れ、大騒動になった」(前同)

一方で、"愛ちゃんは恋多き女"との噂が飛び交い、「一本気の錦織がヤキモキするのが目に見えていた。先輩たちにも"やめておけ"と進言され、別れた」(同)

その痛手から立ち直ってほしいものだが、「ロンドン五輪でも部屋に籠っていて、同じテニス代表・伊藤竜馬とゲーム三昧。インドア派です」(現地を取材したジャーナリスト)

コートでは堂々としていても、女が怖い!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.