日刊大衆TOP 芸能

タモリ&福山「0円シャンプー術」

[週刊大衆12月09日号]

芸能人は毛が命――薄毛に悩む大物2人が、毛根革命を起こしているという。
「タモリ(68)と福山雅治(44)ですよ。2人とも、たびたび〈ハゲ疑惑〉が囁かれますが、最近は悩み無用のようです」(夕刊紙記者)

タモリは90年代半ばに、週刊誌に「いつの間にか髪が増えた!」と【ヅラ疑惑】を報じられ、直撃を受けた週刊誌記者に髪の毛を引っ張らせて自毛を証明済み。

福山も、「5年ほど前は雨のライブでズブ濡れになると、地肌がかなり丸見えだった」(音楽誌記者)との噂があったが、いつの間にか立ち消えになった。
「どうやら、その秘密が【お湯シャンプー】にあるのは間違いありません。【人の身体の汚れの80%はお湯に10分浸かれば落とせる】とタモリは豪語し、頭髪を自慢しています。福山も【何かを使ってこするのは肌を傷つけるだけで、人間には自分で身体を綺麗にする機能が備わっている】と自信たっぷりで、前より髪のボリュームが増したと評判です」(前同)

臭くないの? かゆくないの? と心配になる独自の健康法。
にわかには信じがたいが、この「お湯シャンプー」は医学的にも証明済みのハゲ予防だという。
「頭皮を洗い過ぎると、逆効果なんです。頭皮の脂は"脂栓"といい、細菌やシラミの侵入を防ぐために作られた膜です。頭皮の脂は洗い落とされると再び分泌され、この際に作用するのが薄毛を促進する男性ホルモン。要するに、シャンプーは頭髪にとって劇薬でしかないということです。タモリさんと福山さんの頭髪がツヤツヤなのも、ちゃんと根拠があることですよ」(大学病院勤務医)

これについては、本誌連載「ミラクルおやじ塾」の塾長・南雲吉則氏が連載内でも推奨している。〈頭皮の脂を落とすシャンプーが売られているのを目にするが、ハッキリいって逆効果〉と、南雲氏も述べているので、2人のハゲ予防は正しかったというわけだ。
「ただ、まったくシャンプーも石鹸も使わないのは、さすがににおいも汚れも気になります。週2回くらいシャンプーを使い、あとの日は"お湯のみ"にすれば、ハゲ予防には十分」(前出・大学病院勤務医)

髪の毛の皆さん、これで生えてきてくれるかな?

……いいとも!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.