日刊大衆TOP 芸能

吉瀬美智子「名器の証明」

[週刊大衆12月09日号]

「今日は見られた!」「見られなかった……」と、世の男性を一喜一憂させているのが、女優・吉瀬美智子(38)が出演する化粧品・ニベアのCMだ。
「07年に『ボディスキンミルク』という商品CMで起用されて以来、同社の顔として出演を続けています」(芸能プロ関係者)

同社のCMは、吉瀬の女性としての魅力が全開。
「ボディソープの『エクストラタッチボディウォッシュ誕生編』では、一糸まとわぬ吉瀬がシャワーを浴びるシーンを、背後から捉えています。その後、ボディソープの泡を身体に塗りたくるんですが、それが恍惚としてイキ顔そのもの!と一部で熱烈な支持を獲得しています」(芸能記者)

ボディローションの『プレミアムボディミルク深いうるおい編』は、もっと凄い。
なんと、吉瀬の局部が堂々とテレビ画面に大写しになるのだ!

ソファに横たわり、すらりと伸びた長い脚を高く上げる彼女。
敏感な太腿、脇の下にもしっかりとローションを塗り込んでいくのだが、その肌はすべすべで透き通るようだ。
そして、驚くべきは、スリップ1枚の吉瀬が、太腿の外側に指を這わせるシーン。
「画面が暗いのでまさかとは思ったのですが、なんと、吉瀬のパンティが剥き出しなんです!こんもりとしたアソコの形もくっきりと浮き出していて、思わず見取れてしまいました。いわゆるドテ高であることは間違いない」(夕刊紙記者)

ドテ高女性は「男性の恥骨が当たるので感度抜群」というのは、もはや常識。

モデル出身で、抜群のスタイルを誇る吉瀬。
思わぬところで、改めて"女性としての機能の高さ"が証明されたのだった。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.