日刊大衆TOP 芸能

引退試合は5・11小橋建太感涙秘話

[週刊大衆3月18日号]

プロレス界の至宝・小橋建太の卒業へのカウントダウンが、ついに始まった。
「昨年12月に引退を表明していましたが、引退試合の開催日時が5月11日、日本武道館に決まりました」(スポーツ誌記者)

2月23日、ディファ有明でのノアの興行時、同引退試合のチケットの先行発売が行なわれたが、あるプロレスファンが、これに参加した際の様子をこう語る。
「会場に着くと、チケット販売の列が会場の外まで数百人並んでいました。すぐに列に並びましたが、まったく列が進まない。"どうなってんだ!"と思ったけど、先頭まで行ってみて、理由がわかりました」

なんと、小橋自身が握手とともに、ファン一人ひとりにチケットを手渡していたという。
「皆が涙を浮かべながら、万感の思いを小橋に伝えていました」(前同)

スタッフが止めるまで続くファンの話の一つひとつを、小橋はすべて受け止めていたそうだ。
「小橋がサインを断わる姿を見たことがない。写真撮影では"いい写真が撮れなかったら、何枚でもどうぞ"と自分から声をかけるほどですから」(夕刊紙記者)

ファンを愛し、愛され続けた男の最後の舞台が迫りつつある。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.