日刊大衆TOP 芸能

佐々木希「童貞好き」に開眼か!?

[週刊大衆12月02日号]

「映画の完成披露試写会では、際どい質問が飛んでいました。童貞についてどう思うかを聞かれ、<好きになった方であればかまわない>と大胆発言をしたんです。直後には頬を赤らめてましたけどね」
と、現場にいたカメラマンも驚く赤裸々な告白をしてくれたのは、映画『風俗行ったら人生変わったwww』で、ワケありデリヘル嬢を演じた佐々木希(25)。

彼女を知る人からすれば、まさかの"童貞OK"宣言だった。
「彼女は元ヤンキーという噂があり、過去に会員制バーの店員と交際していたときは、店内でブチュブチュするなど性には奔放なタイプで、童貞なんか見向きもしてこなかったはずですから」(芸能記者)

そんな佐々木に舞い込んだのが今回の風俗嬢役。並々ならぬ覚悟で臨んだという。
「佐々木がこれまで熱愛スクープを報じられてきた相手は、嵐の二宮和也やEXILEのTAKAHIROと、モテ男ばかり。今作は童貞との恋がテーマで、彼女も、知らない世界に飛び込みたかったのでしょう。濡れ場も辞さない覚悟を持って撮影に臨んだんです」(映画関係者)

そんな佐々木の熱意が込められたプレイシーンやいかに――。
まだ観ていない人のために、映画ライターが興奮気味にリポートしてくれた!
「ホテルで佐々木が"いま入りました"と店に電話する場面は、本物のデリヘル嬢にしか見えませんでしたね。ホットパンツから覗く生脚と、上着を脱ごうとしたときにチラッと見える脇腹には、リアルなエロスを感じました」

ところが、こんなもんじゃないらしい!
「この映画のクライマックスは主人公の回想シーンで、佐々木がオヤジの股間に顔をうずめるところですよ!もう完全なフェラですよ。しかもブラとパンツだけの姿なんです!エンドロールが流れているときに、そのシーンを思い出してしまい、なかなか立ち上がれませんでしたよ(笑)」(前同)

風俗嬢という思い切った役を演じた佐々木なだけに、心境が変わっていてもおかしくない。
童貞好き宣言もあながちリップサービスではなさそうだ。
「実は撮影が終わったあと、"童貞もいいね。浮気の心配がないし"と言っているとか。彼女も25歳になり、いつまでもチャラチャラした男とつき合っていられないと思ったのかもしれませんね」(芸能プロ関係者)

風俗嬢を演じたら男のタイプが変わった?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.