日刊大衆TOP 芸能

レスリング落選にトホホなウラ事情

"死刑宣告"は、まさに青天の霹靂だった。
「今月12日、国際五輪委員会(IOC)はレスリングを"除外候補"に決定。つまり、2020年の五輪からレスリングが姿を消す公算が非常に高くなったわけです」(スポーツ紙記者)

下馬評では近代五種、テコンドーが除外候補の最右翼だったが、レスリングがまさかの落選。
「近代五種は、国際近代五種連合副会長のサマランチ・ジュニアがIOC理事で、影響力を発揮したのでしょう。テコンドーも、国技とする韓国の大韓体育会(KOC)のパク・ヨンソン会長が、この決定の直前にIOC関係者たちと会って周到な根回しを施したそう。一方の日本は何もしておらず、レスリング落選の報を聞いて、うろたえるばかりでしたね」(前同)

日本の外交音痴はスポーツ界にも及んでいるのだ。
「かつて日本人選手が活躍してきたスキージャンプや柔道でも、日本が不利になるルール改正が行なわれてきました。IOCの理事に日本人は一人もいないし、スポーツにおいても国際社会で発言力がありません」(夕刊紙記者)

2020年の五輪招致も、現在、東京が最有力候補地となっているが、このままではレスリングの二の舞で、大逆転の落選になりかねない。五輪招致の顔・吉田沙保里は二度泣く!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.