日刊大衆TOP 芸能

日ハム 大谷翔平と阪神 藤浪晋太郎「本当の戦闘力」徹底解剖 vol.2

[週刊大衆2月18日号]

これに対して、藤浪は春季キャンプでの一軍帯同でもわかるように、早い段階での一軍デビューが確実視されている。

現状において投手としては、大谷よりも、大阪桐蔭高のエースとして、甲子園春夏連覇の立役者となった藤浪に軍配が上がるのは当然だろう。
「藤浪の成熟度は大谷より上です。常時150キロ台をマークする真っすぐもいいし、"3種類の握りがある"と本人が明かしたカーブにスライダー、カットボール、フォークといった変化球の精度も高い」(スポーツ紙阪神担当記者)

前出の関本氏もいう。「長身から放たれる藤浪のボールは、角度と力があります。故障しない体の強さも魅力。昨年1年間、あれだけ投げているにもかかわらず、肩や肘を故障してませんからね。順調ならローテ入りできるでしょう」

藤浪が性格的にもプロ向きだということを証明したのが、新人合同自主トレでの出来事だった。
「藤浪は夕食後、先輩選手全員の部屋を訪ねて、挨拶回りをしたんです。"寮の先輩ですから当然です"と、本人は事もなげに話していましたが、こういう選手は先輩に可愛がられますし、成長も早いんです」(前出・阪神担当記者)

その藤浪に唯一の不安があるとすれば、阪神球団の持つ独特の"伝統"か。
「人気球団ゆえに、結果が出ないうちに周囲からチヤホヤされて舞い上がり、自分を見失ってしまうケースが多いですからね」(前同)

もちろん、「育成上手」と呼ばれる日本ハムに入団した大谷に関しても、「最大の問題は"二刀流"でしょう。結局、虻蜂取らずになってしまう可能性もありますからね。注目は、日本ハム首脳陣が"打者専念指令"を出す"Xデー"が、いつになるかでしょうね」(前出・デスク)

大谷と藤浪――これからの球界を背負っていく逸材の「戦闘力」を、両球団がどのように育てていくのか、そして、どんな活躍を見せてくれるのか、いまから楽しみでならない!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.