日刊大衆TOP 芸能

日ハム 大谷翔平と阪神 藤浪晋太郎「本当の戦闘力」徹底解剖 vol.1

[週刊大衆2月18日号]

球春到来!ついにプロ野球春季キャンプがスタートしたが、連日、スポーツメディアの話題を独占しているのは、日本ハム・大谷翔平と阪神・藤浪晋太郎という、セ・パ両リーグを代表する2人の怪物ルーキーだ。

特に「メジャー挑戦宣言」から始まり、「日本ハムの強行指名」、そして「日ハム入り決断」から「前代未聞の投手と打者の"二刀流育成"」と、オフの主役であり続けているのが大谷だ。

投手も打者も、ということになれば、大谷は大変な苦労を背負い込むことになるが、現時点では、日本ハム・栗山英樹監督も「二刀流選手として育てる」と明言している。
「大谷はバッターとしてもピッチャーとしても、将来性は抜群です。栗山監督は正直、まだどちらを取るか決めかねているようです」(スポーツ紙デスク)

とはいえ、プロ入りするようなレベルの選手は、「子供の頃からエースで4番」というケースがほとんど。そんな選手もプロ入りを機に、投手か野手、どちらかに絞るのが常識。プロに入ってからも"二刀流"を続けるというのは、かなりの冒険であるのは事実だ。
「大谷は投打ともに超高校級ですが、特にプロの評価が高いのはバッティングのほうです。凄い投手であるのは間違いないですが、バッティングセンスは、それ以上に素晴らしい。"打者として大成する"というのが、スカウトの一致した見方でした」(前同)

ソフトバンクの王貞治球団会長も、大谷のバッティングを、「遠くへ飛ばす天性のものを持っている」と評しているという。
「"ヒットを打つ技術は教えることができても、ホームランは天性のもので、教えることができない"というのが持論の王会長は、大谷にホームランバッターとして大成する素質を見出しているようです」(同)

野球評論家の関本四十四氏も、大谷の打者としての能力を高く評価する。
「大谷のバッティングはパンチ力、ミート力があり、スイングにクセがない。アマのボールとプロのボールはスピードもキレも違いますが、2~3カ月で対応できるでしょう」

実は、大谷は「松井(秀喜)バット」と呼ばれる960グラムの重いバットを使う予定。現在、日本球界で使われているバットは、平均920グラム程度。最も重いバットを使っているといわれる西武・中村剛也、巨人・村田修一でさえ、950グラムのバットなのだ。
「そんな"規格外"の960グラムのバットを、"ちょうどいいのが、この重さ"といい切るわけですから、大谷がどれだけ非凡なバッティングの才能を持っているか、わかります」(スポーツ紙ベテラン記者)

辛口で知られる張本勲氏は、「プロは草野球じゃないんだから。バッティング一本でやらせるべきだ」と、早い段階から大谷の"二刀流"を猛批判。それに同調する声も、球界では多い。しかし、だからといって「投手・大谷」の芽を摘んでしまうのは、いかにももったいない話だ。
「193センチの長身から最速160キロのストレートを投げるわけですからね。それこそ、"背番号11"の先輩・ダルビッシュのように、日本を代表する投手に育つ可能性も大いにあります」(前同)

野球評論家の橋本清氏は、「投手・大谷」の素質を高く評価する一人だ。
「大谷はとにかく体が柔らかくて、体の使い方がうまい。投球フォームもバランスがいいですし、ピッチングセンスもあります。じっくり育てれば、ダルビッシュのように、大型でありながら器用さを兼ね備えたエースになれる素材ですよ」

ただ、投手としての大谷の素質は誰もが認めているものの、課題も多い。
「骨端線損傷の影響でフォームが安定しないため、制球に難がありますし、スタミナにも不安がある。投手としての成績も、高校2年の春までは右肩上がりでしたが、そのケガ以来、本来の力を発揮できず、甲子園の大舞台でも結果を残せませんでしたからね」(前出・ベテラン記者)

とりあえず、"二刀流"ということもあり、大谷はプロの舞台で戦える体を、二軍でしっかり作ってから、満を持して一軍デビューという運びになりそうだ。

2月15日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.