日刊大衆TOP 芸能

スイングも髪型も決まらない石川遼

[週刊大衆2月11日号]

昨年は、絶不調で1勝に終わった石川遼(21)。パナソニックをはじめ、スポンサー離れが加速するかと思われたが、今季は外国企業が続々と名乗りをあげ、破格の契約を結んだ。
「キャロウェイとは1年6億円。アウディとも3年1億円の契約を結び、スポンサーは6社で、なんと年間10億円にのぼるそうです」(スポーツ紙記者)

だが、肝心の成績は、莫大な契約金に見合っているとは到底、思えない有様だ。
「今季から米ツアーに本格参戦しましたが、初戦のヒュマナチャレンジは予選落ちでした」(前同)

不調の理由は、スイングが定まらないことにある。
「年明けすぐ、腰や股関節に負担をかけない新スイングに着手したものの、自然と体が元のスイングに戻ろうとして中途半端な状態なんです」(ゴルフ誌記者)

迷走中なのは、スイングだけでない。
「昨年末、また髪型を変えて話題になりました。"刈り上げオールバック"ともいうべきヘアスタイルで、最近では、プレーよりも髪型のほうが注目されてるくらいです」(前同)

5年連続の特別招待選手として参加するマスターズは4月。スイングも髪型もバシッと決めて、汚名返上といきたいところ!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.