日刊大衆TOP 芸能

柔道パワハラ問題 松本薫の心中は?

[週刊大衆2月18日号]

日本代表を含む女子柔道のトップ選手15人による前代未聞の集団告発が、1月29日に発覚した。
「昨年末に、園田隆二代表監督を含む指導陣の暴力やパワハラの実態を、JOCに訴えていたんです。平手打ちや竹刀での殴打は当たり前。合宿は地獄そのもので、倒れても引きずり起こして、練習相手と組まされたそうです。ロンドン五輪後の監督留任が決まって、選手たちも我慢の限界だったんでしょう」(スポーツ紙記者)

結果、園田監督とコーチたちへ世間の非難が集中したが、その指導下で唯一、金メダルを獲得したのが松本薫(25)。問題発覚の前日の28日に、アニメ映画『ドラゴンボール』の公開アフレコに登場。声優デビューの晴れ舞台のはずが、「当然、告発の件は耳に入っていたんでしょう。無表情で声にも抑揚がなく、どこか上の空の様子。何度もスタッフから"元気を出してください!"と、NGを出されていました。いま思えば、事前に予定されていた質疑応答がなかったのも、主催者側が今回の件を配慮してのことだったんでしょう」(芸能記者)

映画では、白バイ隊員役を務める松本だが、内心では、彼女なりの正義感が騒いでいた!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.