日刊大衆TOP 芸能

WBC日の丸エースたちの「超絶魔球」百科 vol.3

[週刊大衆2月4日号]

氏名(年齢)
所属-決め球-投打-推定年俸
寸評

杉内俊哉(32)
巨人-チェンジアップ-左左-5億円
直球と同じ腕の振りで、ど真ん中でも空振りしてしまう「亜空間チェンジアップ」。通算奪三振率は9.47と現役の先発投手で最高。

内海哲也(30)
巨人-チェンジアップ-左左-4億円
絶対の自信を持つチェンジアップをWBC用に「YAMATO」と命名。スライダー、フォークなども自在に操る球界一の技巧派。

山口鉄也(29)
巨人-スライダー-左左-2億4000万円
中継ぎの絶対エース。チェンジアップとともに看板の「疾風スライダー」は、ランディ・ジョンソン出演のテレビ番組を見て習得

澤村拓一(24)
巨人-ストレート-右右-6500万円
フォークも多投するが、生命線は火を噴くような「徹甲ストレート」。ウエートと体重増でさらに威力UP。メジャーのバットも折る!

山井大介(34)
中日-スライダー-右右-8000万円
先発・中継ぎ・抑えをすべてこなせる超万能型投手。鋭さ抜群の「七色のスライダー」で本大会でも八面六臂の活躍を見せてくれ!

浅尾拓也(28)
中日-パーム-右右-2億2000万円
最速157キロのストレートと併せて使われる120キロの「異次元パーム」に、未体験の打者がタイミングを合わせるのは不可能だ。

前田健太(24)
広島-カーブ-右右-2億1000万円
中学時代から磨かれ、打者の頭上から落ちてくる感覚の「天井カーブ」は伝家の宝刀。世界の至宝というべき切れ味を持つ。

今村猛(21)
広島-スライダー-右右-5000万円
「やや遅めに投げると、ちょっと沈む」(本人談)と、重力までも計算に入れて投げる「ニュートンスライダー」は絶対的な完成度。

能見篤史(33)
阪神-フォーク-左左-1億2000万円
コースに投げ分けるのはもちろん、落ち方の異なる数種類を自在に操る現役ナンバーワンの「フォークソムリエ」の実力を見よ。

牧田和久(28)
西武-シンカー-右右-6700万円
絶対の自信を持つストレートで勝負するための「囮シンカー」。最速137キロの直球を体感160キロに変えてしまうという、まさに魔球。

涌井秀章(26)
西武-スライダー-右右-2億2000万円
フォーク、シュート、カーブなど多彩な球種を投げ分ける万能右腕が最後に頼るのが、切れ味鋭い横と縦の「変幻スライダー」。

攝津正(30)
ソフト-シンカー-右右-2億9000万円
打者が狙っていても打てない、死角に消える「ファントムシンカー」。ストレート同様、完璧にコントロールされて投じられる。

大隣憲司(28)
ソフト-フォーク-左左-6300万円
江夏二世と呼ばれる豪快な投球が魅力。最速150キロを超える直球と「稲妻フォーク」のコンビネーションで世界を斬りまくれ!

森福允彦(26)
ソフト-スライダー-左左-1億2000万円
2011年の日本シリーズ第4戦で無死満塁を無失点で切り抜けた「森福の11球」。それを支えた「奇跡のスライダー」を堪能せよ!

田中将大(24)
楽天-スライダー-右右-4億円
誰もが認める絶対的エース。「曲がってから加速する」と打者から評される「弾道弾スライダー」は現在、世界最高レベルにある。

 

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.