日刊大衆TOP 芸能

柔道金メダル内柴正人レイプ裁判「とんでも鬼畜発言」全記録 vol.1

[週刊大衆12月31日号]

「あんな裁判は前代未聞。世間が注目する厳粛な裁判にもかかわらず、被告人はお下劣発言を連発。"ここは本当に法廷なのか"と疑ったほどです……」
呆れた口調で話すのは、「内柴正人・レイプ裁判」を傍聴した芸能ライター。

テレビのワイドショーでも連日報じられているが、"柔道金メダリスト"の内柴正人被告(34)が教え子の女子柔道部員に性的乱暴を働いたとして、"準強姦罪"に問われたこの事件。
「起訴状によると、内柴被告は昨年9月20日未明、数人の女子柔道部員たちと焼肉を食べたあと、カラオケボックスへ行き、そこで当時18歳だった女子柔道部員のAさんに酒を飲ませてホテルに連れ込み、強姦したとされています。ただ、内柴被告は一貫して"合意のうえ"と、無罪を主張しています」(前同)

裁判の争点は"合意"だったかどうか。内柴被告の言い分をもとに、カラオケボックスでの位置関係まで再現するワイドショーもあったが、それはほんの一部。実際は公判で、"公共の電波"ではとても報道できない"エロすぎる"SEX描写が飛び交っていたのだ。

まず、法廷で久々に姿を見せた内柴被告は、66キロ級で活躍した現役当時に比べると、かなり"激太り"。
「支援者から毎回3000円相当の差し入れがあるそうで、裁判中とはいえ、かなり美味しいモノを食べているようです。体重は現在90
キロ台で、筋肉のうえに脂肪をまとっている感じでした」(前同)

鍛え抜かれた肉体を誇った金メダリストの面影は、もはやないという。

一方、裁判の争点が、カラオケボックスでの一幕。内柴被告によると、被害女性のAさんとは店内の廊下でキスをしたあと、部屋の中でフェラチオ行為までしたという。そこに至るまでの描写も生々しく説明。
「Aが僕の股間を枕にして寝ていたんです。しばらく(自分が)歌っていると、股間に"圧力"を感じました。Aが僕の股間を押してくる。"こいつ、起きているんじゃないか"と、腰でAの頭を押しました。でも、そのつどAが押し返してきたので、さっきの流れ(Aが廊下でキスをしてきたこと)で、短パンからペニスを出しました」

"なぜペニスを出す必要があるのか!?"と、首を傾げる傍聴人が続出するなか、「意外にも、すぐフェラチオしてくれました」とケロリ。すかさず弁護側が、「具体的には、どんなやり方でしたか?」と聞くと、内柴被告は「細かくなりますが……」と前置きしたうえで、「ペニスをただ咥えるだけでなく、全体を舐め回すようにしました」と、裁判長に向かって、手でペニスをしごく動作でアピールする始末!

想定外の"内柴節"に法廷がざわめくなか、検察官が「勃起していたんですか?」と冷静に聞くと、シレッと、「フル勃起かどうか、わかりません」と、もはや手に負えない。

検察官「いや、表現がどうかはともかくとしてね……陰茎はハーフパンツから出ていたんですか?」

内柴「いや、そんな暴れん棒じゃないです」

検察官も引っくり返る巴投げのような大技発言だ。

12月25日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.