日刊大衆TOP 芸能

特別企画日本プロ野球「怪物ドラ1」9人の軌跡 vol.8  ダルビッシュ有

[週刊大衆11月12日号]

ダルビッシュ有

86年8月16日大阪府生まれ、04年日本ハムから単独1位指名されプロ入り。12年からテキサスレンジャーズに所属

登板回数29回、16勝9敗、防御率3・90。

今年からメジャーに挑戦し、テキサスレンジャーズの主力投手として活躍したダルビッシュ有。松坂の初年度成績を上回り、まずまずの「合格点」。本人も「シーズン終盤は納得のいくピッチングができました。来年に生かします」とツイッターで呟いているように、「20勝」の夢は来季以降に持ち越しとなった。

いまでこそ「野球の虫」として知られる、ダルビッシュだが、東北高校在籍中は、一人だけ頭抜けた「王様状態」。さらに卒業前に、喫煙写真を写真週刊誌に撮られるという一幕も。

そうした素行の悪さが敬遠され、ドラフトは日本ハムの単独1位指名。その悪ぶりはプロ入り後も改善されず、入団直後、喫煙しながらパチスロに興じている姿を写真誌に激写されて、謹慎処分を受けている。

しかし、この謹慎がダルビッシュを変えた。

プロの自覚が芽生え、野球に打ち込む姿勢ができ上がったのだ。持ち前のストレートに磨きをかけ、探究心の赴くままにいくつもの球種をマスター。

09年にWBC日本代表に選出されてからは「将来のメジャー行き」に備えて、肉体改造にも取り組んだ。

そして「5年連続防御率1点台」という輝かしい成績を土産に、ダルビッシュは海を渡った。レンジャーズが投じた5170万3411ドルという落札価格が決して高くはなかったことを、来季以降、確実に証明してくれるはずだ。

11月11日公開のvol.9に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.