日刊大衆TOP 芸能

球界も美女もなで斬り!ダルビッシュ「恐怖のつぶやき」傑作集 vol.2

[週刊大衆11月05日号]

本格派でありながら技巧派でもあるダルは、ツイッターでも"魔球"を駆使しているという。
「かつて熱愛が噂された人気声優に対しても、彼はツイッターから接触していたんです」(芸能記者)

ツイッターでは互いがフォロー(つぶやきをチェックすること)し合うと直接メールが送れるシステム。つまり、会わなくても"個人的なつながり"が持てほかの人からは見えない"消える魔球"が送れるのだ。
「しかも彼はフェイスブックも駆使しており、最近も新たに、ある人気AV女優に接触を図っているとか。プロ野球選手は面倒くさがり屋が多く、この手の最新ツールには疎いんですが、ダルは別。あのマメさとキレのある文章には頭が下がりますよ」(前同)

そして、これこそが彼が世界のエースである証、というのが前出の橘氏だ。
「ダルは新しいタイプのスポーツ選手です。トレーニングにしても、頭を使って行なう"頭脳派"。そして最大の強みは"人の意見を取り入れること"です」

今季、ダルはメジャーのマウンドの硬さやボールの滑りやすさなどで、何度か壁にぶつかったというが、
「そういうときは周りの話を聞き、自分流に研究して適応していくんですね。有象無象の意見が飛び交うツイッターを見事使いこなしているのも、まさにエースの素質といえます」(前同)

桑田真澄氏を超える"つぶやき術"で、世界一の投手へと進化中ってこと!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.