日刊大衆TOP コラム

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第10回

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第10回

もっと画像を見る

45歳、妻子持ち、当サイト編集部員。家族にも仕事にも恵まれたが、ただひとつ、髪の毛にだけは恵まれなかった…。俺の髪は、このままどんどん薄くなってしまうのか? いや、あきらめちゃいけないんだ!! 決心した男の、髪の毛を取り戻すための闘いが今始まるーー。アラフィフど真ん中のサラリーマンSが送る魂の「AGA治療」実践ルポ。ストップ・ザ・AGA!!

初めての施術(第8回、9回参照)を終えてから、はや2週間。待ちに待った2回目の施術の日を迎え、私はかるい足取りでヒルズタワークリニックへと向かっていた。

思えば、前回の初施術の夜は飲みに行き、痛飲してしまった。念願だったAGA治療への第一歩を踏み出せた喜びから祝杯をあげたくなり、ついつい深酒してしまったのだ…。しかし、これほど気持ち良く酔った酒はいつ以来だろう? と思うほど、あの日の酒は美味い酒だった。

そして、あの日以降、私は先生に言われた通り、毎朝フィナステルドとミノキシジルの内服薬を飲み、夜の洗髪時は、髪の毛に繁殖する真菌を死滅させるためのシャンプーを使い、朝と晩、頭皮に発毛ローションを塗り続けてきた。施術当日の夜のローションこそ少し染みたが、それ以外は何もかもが順調…のはずだ。

肝心の髪の毛も1週間ぐらいで、"ふんわり感"が出てきた気がするのだが、一方で、抜け毛も増えているのか、また少し薄くなったような気もするのは不安だ…。そして、もうひとつの不安が私が喫煙者だという点だ。なぜならミノキシジルは、「毛根の毛細血管を拡張して、血行をよくすることで(毛根に)栄養を行き渡らせる薬」なのだが、タバコは血管を収縮させる作用がある。

ということは、せっかく毎朝ミノキシジル(とフィナステルド)の内服薬を飲んでも、タバコを吸ってしまったら効果が半減ではないのか? ならば、薬を飲むのを夜寝る前に変えたほうがよいのではないか? さすがに寝てる間は、タバコを吸うこともないし。

この2週間の間に浮かんだ疑問を思い返しながら歩いていると、ヒルズタワークリニックに到着してしまった。

「(ドアを空けながら)こんにちは~」
「こんにちは。Sさん、お待ちしておりました。準備ができたらお声がけしますので、あちらでお待ちください」

待合室に通され、数分間ウトウトしていると、カウンセラーが私の名を呼ぶ声。促されるまま診療室に入ると、前回同様、頭皮に麻酔クリームを塗るところから施術が始まった。

麻酔クリームを塗られながらのカウンセラーとの会話の中で、「髪の毛がきちんと生えていない部分は、やはりクッションになるものがない分、どうしても施術は痛いことが多い」という話に…。それを聞いた私は、昔、サーファーに聞いた「髪の毛を伸ばしているサーファーが多いのは、波でさらわれたボードが後頭部などを直撃したときのダメージを軽減するため」という話を思い出していた。なぜそんなことを思い出したかといえば、海のある街で育った私は、日頃から年上のサーファーと接する機会が多かったからだ。

だからといって、実は私自身もサーファーで、髪が薄くなってからはすっかり海から足が遠のいた…なんて話ではない。髪が薄くなって遠のくことといえば、むしろ記念撮影だ。なかでもとりわけ嫌なのが、同窓会だ。Before、Afterではないが、どうしても髪の毛のあった若い頃と、今とを比べられるからだ。

もちろん私ぐらいの年齢ともなれば、完全に(おでこが)いっちゃってるヤツもいるが、私にいわせれば、完全にいっちゃってるヤツはむしろ清々しい。私ぐらいに煮え切らないハゲ具合の人間にとっては、あとで写真を見たときに、自分の中途半端な薄さを再認識するのが嫌なのだ…。

だから、薄毛になってからの私は、写真撮影時は自然とハゲっぽいヤツに近づくようになった。ぽっちゃり系の人が痩せてる人とは一緒に写真を撮られたくないのと一緒で、髪が薄くなると、髪がフサフサのヤツの横には並びたくないものなのだ。記念撮影の場に限らず、飲み会などの場でもそれは一緒である。こんな気持ち、髪の毛のある人には絶対わかるまい…。

(次回に続く)

編集者が送る ガチの育毛プロジェクト ブログ

 

ヒルズタワークリニック
URL:http://www.htc-aga.jp/
診断時間10:00~23:00(完全予約制)
専門の男性スタッフが対応24時間365日相談無料
お電話:0120-36-9696

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第10回

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.