日刊大衆TOP 芸能

特別企画日本プロ野球「怪物ドラ1」9人の軌跡 vol.1 松井秀喜

松井秀喜

74年6月12日石川県生まれ。星稜高校から92年のドラフトで巨人へ。03年シーズンからメジャーリーグで活躍。

92年のドラフトで、投手を狙っていたはずの巨人が打者の松井秀喜の指名に踏み切ったのは、その素質に惚れ込んだ長嶋茂雄監督(当時)の強い要望があったから。4球団競合のなか、見事に当たりくじを引き当てたミスターの期待に応えるように、松井は日本一の大打者に育っていく。

しかし、選手として成長するにつれ、「メジャーで勝負したい」という気持ちを抑えきれなくなり03年に渡米、野球人生の次なるステージを目指した。

名門ヤンキースの主力打者として松井のキャリアで最も輝かしかったのは09年のワールドシリーズ。特に第6戦では、先制2ランを含む3安打。シリーズ記録に並ぶ史上2人目の1試合6打点を叩き出し、MVPに輝いた。

この年限りでヤンキースを離れることになったが、ニューヨークのファンが松井を愛する気持ちにはいささかの変化もなかった。

エンゼルス移籍後の翌10年4月14日、160日ぶりに古巣のヤンキースタジアムに凱旋した試合で、松井が初打席に立つと、超満員のスタンドから盛大なスタンディングオベーションが巻き起こったのだ。松井はヘルメットを取ってこの大歓声に応えた。また、同日行なわれたチャンピオンズリング授与式では、元同僚たちが松井の元に駆け寄り、抱擁を交わした。
「一生忘れられない瞬間、非常に感動した」(松井)

ここまでリスペクトされた選手は松井以外には存在しない。

11月06日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.