日刊大衆TOP 芸能

いぶし銀の輝き!?"アラ70"大活躍中

"お年寄り"とバカにすることなかれ。いま、シルバーアスリートが凄いのだ。
「11月22日の川口オートレース最終日、1Rで優勝したのは、現役最年長レーサー・谷口武彦(71)。自身の持つ公営競技の最年長勝利記録を更新し、70歳360日としました。ちなみに、2位は69歳の田中悦郎。計139歳のワンツーです」(夕刊紙ベテラン記者)

アラフォーどころかアラ70で、第一線で戦い続けるパワフルさに驚くばかり。このように現在、公営ギャンブルでは大きな存在感を示す超ベテラン選手が少なくないのだ。
「ボートレースでも、最高齢選手である加藤峻二(70)が、今年6月2日のボートレース蒲郡で大勝利。当時の最年長記録(70歳142日)となりましたが、谷口に破られました」(前同)

競輪や競馬でも、「競輪界の最高齢・井狩吉雄は61歳。いまも現役バリバリです。地方競馬では、川崎競馬場の森下博騎手が57歳と最年長ながら頻繁に1着を獲っている」(同)

公営競技から離れるが、乗馬では規格外の存在も。
「法華津寛は今夏のロンドン五輪に71歳と大会最高齢で出場。4年後、75歳でのリオ五輪出場も期待されている」(スポーツ紙記者)

シルバーパワーに脱帽!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.