日刊大衆TOP 芸能

"人生劇場"のドラフトが終了浪人生菅野が念願の巨人へ!!

[週刊大衆11月12日号]

巨人と日ハムが目下、死闘を繰り広げる日本シリーズ。両チームといえば、昨年の因縁が思い出される。
「菅野智之(23)の件です。昨年のドラフトでは、本人は伯父の原監督率いる巨人を熱望していたのに、日ハムがくじを引き当て、浪人生活を余儀なくされました」(スポーツ誌記者)

今年は念願叶って巨人入りしたが、1年の浪人生活は、かなりのリスクを背負っての決断だった。
「大学野球の規約によって野球部は"卒業"。施設を使って練習はできるものの、対外試合には一切出られないという状況でした」(前同)

1年の空白期間は、想像以上に重い。
「実戦から1年も遠ざかったのは、投手にとって相当なハンデ。菅野同様、ドラフトで入団拒否して1年野球留学したあの江川卓も、元に戻ったのはプロ2年目でした」(球団関係者)

しかし、紅白戦などに出場して、実戦感覚を少しでも失わないよう練習を続けてきた菅野自身は、この1年について「すごく短かった。充実した時間を過ごせた」と気合十分。それに、菅野はもともと武器の多い投手。
「試合でボールがコントロールできなくて困ったことは、ほとんどない」と、自らいうほど制球力は抜群。

また、東海大の横井人輝監督が、「指先の感覚が、どの投手よりも優れている」と評するように、縦横2種類のスライダーをはじめ多彩な変化球も投げられる。原監督のもとで、どこまで活躍できるか注目だ。

その他の注目選手では、4球団が1位指名で競合した大阪桐陰の藤浪晋太郎は阪神、3球団が指名した亜大の東浜巨はソフトバンク、そして東福岡の森雄大は、2球団の争いを経て、楽天が交渉権を獲得した。

日本ハムの大谷翔平(花巻東)強行指名など、彼らの運命から目が離せない。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.