日刊大衆TOP 芸能

ドラフト結果は"満点"の阪神甲子園のヒーローをW獲り!

「誰が見ても、今年の勝ち組は阪神。フロントも"満点です"とニッコリしてました」(スポーツ紙記者)

勝ち組といっても、もちろんペナントのことではない。先月25日に行なわれたドラフト会議の件だ。
「1位で春夏連覇投手の大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手(18)、2位で春夏準優勝の光星学院・北條史也内野手(18)と、甲子園のヒーローをダブルで獲得。他球団からも羨む声が上がっています」(前同)

実はセンバツ後、阪神は東福岡の森雄大投手(楽天が交渉権を獲得)の周辺を調査していた。本命は森かと思われていたが、大阪桐蔭が夏も優勝したことで、「さすがに、春夏連覇のエースを放っておけない」(阪神担当記者)との判断で、指名に踏み切ったという。
「阪神にはかつて、甲子園のスターは必ず獲りに行く、という方針があった。平成に入った頃から、その伝統は薄れてしまいましたが、今年は、久しぶりに復活した形です」(ベテラン記者)

藤浪は197センチの長身から最速153キロの直球と、スライダー、カットボールを持ち球とし、その完成度は誰もが認めるところ。球団側が"巨人キラー"だった小林繁氏の背番号19を用意したことでも、期待の高さがうかがえる。

北條も、長打と堅守を兼ね備えた内野手で、実は巨人も、2位での指名を狙っていたという。
「巨人は、村田の後継者として育てて、坂本&北條の光星学院先輩後輩コンビの構想を描いていたようですね」(球界関係者)

鳥谷敬にメジャー行きの話が浮上している阪神でも、北條には早々にチャンスが回ってくるはず。猛虎の復活は、2人の若虎にかかっている!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.